<   2009年 11月 ( 33 )   > この月の画像一覧

2009年 11月 28日
これだけでわかる
c0090543_17171142.jpg

娘から届いたメール
「ぎりぎりだ」との件名
「コーンの色使いに何かのこだわりを感じる」というだけの本文に添えられていた画像がこれ↑


「うわ!行ってるわ」
と夫と私

娘が今いるのは東京調布市
味の素スタジアムへの道

そう、ヴィッセル神戸のアウェイゲームの試合会場に向かっているのだ


それにしてもこれだけの情報で通じ合う親子って…
[PR]

by gonnosuke117 | 2009-11-28 17:17 | くらし | Comments(0)
2009年 11月 28日
カップ一杯のコーヒーを入れるために
c0090543_16163241.jpg


コーヒーが好き
でももっと好きなのはコーヒーを入れること

「コーヒー入れようか?」と夫に聞いてイエスの返事がもらえるといそいそと取り掛かる

道具を出し
鉄瓶に水を入れ火に掛ける
その間に冷凍庫から豆を取出しミルに入れハンドルを回す
今日の豆はkakkeさんで買った森彦の深モカ

c0090543_16163232.jpg



豆を挽き終わる頃たいていお湯が沸く
ポットを温める
ドリッパーにペーパーとコーヒーをセットする
慎重にお湯を注ぐ
さすがに写真を撮るゆとりなどない
真剣勝負である

ポットからカップへ
ちょうどいい量に出せていると気分がよい
香りを楽しみつつ夫のもとへ運ぶ

友人夫妻はじゃんけんして負けたほうがコーヒーを入れるのだそうだ
私なら勝ったほうが入れるにするけどな
[PR]

by gonnosuke117 | 2009-11-28 16:16 | くらし | Comments(2)
2009年 11月 27日
ねぎからの脱却
c0090543_919385.jpg

リュックサックマーケットで帽子を買った
にこやかなご婦人の手作りだというベレーとハンチング

元々帽子好き
でも最近は夏の日除け目的にしかかぶらなくなっていた
今回の購入のひそかな動機
なかなか美容院に行けなくて目立ち始めた生え際の白髪隠しになればと

それでも帽子をかぶっていられる場所ばかりではない
思い立って美容院に電話したら夕方の予約が取れた


ところで髪が伸びて生え際に元々の髪色が出てきた状態を「プリン」というらしい
だがそれは若い子の話
白髪が目立つ場合は「ねぎ」というらしい
絶妙な表現ではあるがどこかわびしい

帰宅は8時を回ったがもう「ねぎ」ではなくなった
気分よくベレーをかぶる

同じ帽子なのに違って見える
ぼろかくし目的で使ったらそれはやっぱりぼろかくしのレベル
おしゃれの目的で使ってこそ本来の良さがわかるのだと改めて気づく

かぶっていていまひとつしっくりこなかったことにも納得
考えてみれば失礼な扱いをしたものだ

今日からは帽子そのものを楽しもう
[PR]

by gonnosuke117 | 2009-11-27 09:19 | Comments(2)
2009年 11月 26日
靴を脱いでゆっくり鑑賞
c0090543_83414.jpg

友人がシャドーボックスのグループ展を開いている

なんとか会期中に訪れることができた

会場は国登録有形文化財にもなっている大正時代に建てられたもの
個人の住宅だったが市に寄贈されて地域の拠点として文化的な活動などに使われている

梁を見ても素人の私でもそのすごさがわかるようなものすごいお屋敷である

その一部屋に彼女たちの作品が37点
シャドーボックスは切りぬいた紙を幾重にも張り合わせて立体的に見せるというもの
紙を細かいパーツに切り分け、奥行きを計算しながら高さをつけていく作業は根気とセンスとかなりの段取り力が必要だと思う

幼稚園から高校まで同窓の彼女
自分に妥協しない厳しさはずっと変わらない
作品にもそれが現れており
会場の迫力に負けない質の高さに圧倒される

生徒さんたちの作品もグレードが高く
会期中途切れることなく人が来られるのも納得である
友人はフルタイムでの仕事をこなしながら作品を作り続けている
身近な人のそんな姿は私にも大きなエネルギーになる
[PR]

by gonnosuke117 | 2009-11-26 20:34 | でかける | Comments(0)
2009年 11月 25日
コロナの憂鬱
c0090543_17572438.jpg

先月のビートルズナイトでコロナビールを飲んだ

レモンのくし切りを落とし込んであった
(ビートルズナイトのDJのフランクさん曰く、ほんとはライムのほうが合うらしいが)
で、グラスに移さず飲む

これが見た目も味も良くて
以来このやり方でときどき飲んでいる
レモンかライムかはあったほうで

くし切りを入れたら泡がシュワシュワと出て
その時点でしばし眺める
そしておもむろにごくりと

だがしかし
このくし切りを入れるときほんの一瞬のためらいが私をおそう
これを私は
「コロナの憂鬱」と呼んでいる

言ってしまえば
飲み終わった後レモン(もしくはライム)が取出しにくいという
それだけのことではあるのだが

ビンの口は細い
多分通常のビールのビンよりも細い
そこをいかにレモンに通過させるか
まずはビンを逆さにしてとんとんと
行くところまでビンの口に近付けたら菜箸もしくは金串でひっかけるようにして…
これがなかなかうまくいかない
下手をすると二、三分格闘するはめになる



翌月のビートルズナイトでいい方法がないか聞いてみた(そんなこと聞くか?!と言う顔をされなかったのがありがたい)

そこで提案された方法
その1
取り出さない

それが一番簡単だがビンをリサイクルに出せないので却下

その2
くし切りを入れずに果汁を入れる

その3
グラスに注いでくし切りを入れる

この二案が一番大人の判断だろうが
それでは雰囲気というものがイマイチなので申し訳ないが却下

その4
レモンを細く切る

その5
取出し用のピンセットを買う

この二つが落としどころだろうな

で、以来慎重に厚みを計算してレモンをカットし
ピンセットではなくラジオペンチで取り出す日々
[PR]

by gonnosuke117 | 2009-11-25 17:57 | Comments(6)
2009年 11月 23日
山脈でのお買いもの
c0090543_1861118.jpg


山脈で是非とも私が手に入れたいと思っていたもの
それはこの屋の主K君が編んだ手袋である
このイベントに向け仕事を終えてから
夜な夜な制作に勤しんでいると聞いていた

手芸王子の彼はとても器用なのだそうで
ミシンなどもチャッチャとかけてしまうのだそう
以前彼の作ったブックカバーをもらったことがあり
そんな彼の作る手袋はどんなのだろうと楽しみにしていた

さすがになかなか大変だったようで
一時は百恵ちゃんの引退のときのようにマイクならぬ棒針を置こうとしたこともあったそう(^^)

そうやって出来上がった作品は凝った編み込みの指無し手袋
ほこほこと暖かい


お昼に食べたベーグルがとても美味しかったので
こちらも買おうと思っていた
お昼に行ったときにはまだまだ沢山あったから油断していたら
午後もう一度行ったときにはほとんど売り切れ
何とか残っていたのをゲットした

山脈限定のほうれん草とソーセージのベーグル↓
c0090543_1861183.jpg


帰宅してワイン飲み飲み食べたらばこれが美味しくて
プレーンベーグルは今朝食べた
軽くトーストして熱々をちぎったら湯気がふわっと立ち上る

TIMOさんのベーグルはふっくらモチモチ
私の今までのベーグル観が変わった
ちょっとはまりそう
[PR]

by gonnosuke117 | 2009-11-23 18:06 | でかける | Comments(2)
2009年 11月 22日
山脈は人脈なのだった
c0090543_17315331.jpg


連休中日は頑張って早起き
丹波へ車を走らせる
今日は実家近くの民家で一日カフェが開かれるのだ
女性4人のユニット「山脈」は同じ芸大出身の仲間たち
そこへ美味しいベーグルを作られるTIMOさんが加わられる
その他男性陣の仲間も入って楽しそうなイベントである

お天気はどうにか晴れ
思ったよりも暖かい

お昼頃
両親 私たち親子 そして神戸から知り合いのご家族4人も来られて一個団体でがやがやと伺う

築40年ほどになろうかと言うその家は主のK君Aちゃんご夫妻が手を入れて心地よいスペースになっている
まずはお昼ご飯を注文する
迷いに迷って
私はベーグルとクラムチャウダーのセットを

料理が出てくるまでにショップのコーナーを覗く
ベーグルやケーキ クッキーと並んで
Kくんのおばあちゃんが作られたおつけものが置いてあったりするのがほのぼのする

木版の作品やアクセサリーなどの雑貨もあり
私のお目当ての品は…よかった まだ残っている

クラムチャウダーは胡椒がきいて美味しい
ベーグルはしっかりしているのにふわっふわ

隣に座った夫はカレーを食べている
一口頂戴と言おうと思ったときには既に完食 残念


午後からは列車を乗り継いで3時間かけて(!)友人もやってきた
で、山脈カフェ再訪
そしたら息子もついて来るという
お昼にカレーを食べた彼
私のクラムチャウダーが気になって仕方ないのだそうな
…わたしも 味見し損ねたカレーを食べる
よく似た親子である

c0090543_17315328.jpg


鶏肉はほろほろ
ひよこ豆はホクホクで優しい味のカレーである
あとでほんのりと辛味がやってくる
添えられたピクルスがしゃきしゃきで美味しい

息子は嬉しそうに念願のクラムチャウダーを食べている
このクラムチャウダーはダッチオーブンでしかも庭でたき火で煮たのだそう
担当は男子グループらしい

なんだかみんな楽しそう

来ている人達もみなさん穏やかにのんびりと時間を過ごしている
お客さん同士も会釈し合ったり
やわらかな空気が流れている

山脈の一日カフェがくれたのは
美味しいものと人とのつながり
[PR]

by gonnosuke117 | 2009-11-22 17:31 | でかける | Comments(2)
2009年 11月 21日
大急ぎで山から下りて
K-106の演奏を何曲か残してロープウェーの乗り場へ急ぐ
少々焦り気味だ

ケーブルカー バス 地下鉄と順調に乗り継いで着いたのはホームズスタジアムである
キックオフにはどうにか間に合った
ヴィッセル対Fマリノス戦なのだ

いつもはバックスタンドの真ん中辺りで見ているが今日はチケットをいただいて指定席へ
前から8番目という贅沢な席である
夫と息子の三人での観戦も久しぶりだ

開始4分15分と立て続けに失点し
寒さが身に応え始める頃
キムナミルが入ると流れが変わり
茂木のシュートで1点追いつく

1点ビハインドのまま前半終了
後半からは大久保も入って追加点が期待される
その期待を裏切らずやってくれた
大久保の同点ゴール!

c0090543_16522282.jpg


必至で攻めるもその後はゴールを割ることが出来ないまま引き分けで終了
2点リードされた中追いついての引き分けだからまだ落ち込みは少ないが
ほんとは勝って今日残留を決めて欲しかったな…

日がとっぷりと暮れたスタジアムを後にする
でもまだ帰らない

水道筋の通い船さんに着いたのは8時をちょっと過ぎた頃
カウンターの中には
いつもの女将さんではなくnaddi frankのビートルズコンビが
今日は女将不在の為代行店長さんなのだ
私たちでちょうど満席になる
座るやいなやnaddiさんが申し訳なさそうに
「すみません。既に食べ物はいっさいありません」
ひえ?!
おでんは完売
おでんの出汁で入れる小そばも限定5人分なのでもう無い…というところ
やはりここは水道筋だった
「みんなで分けたらええやん」
とお客さんが言って下さって私たちもありつけた
この小そばのおいしいこと
島胡椒をふっていただいた

何とか残っていた豆腐ようや海ブドウとイカの和え物を肴にオリオンビールで祝杯のような残念会のような
私がヴィッセルのユニTをまだ着たままだったので
お客さんが口々に今日の結果やら何やらサッカー話も飛び出して
初対面にも関わらずうち解けてしゃべれるのは水道筋マジックのなせる技か

通い船は楽しくて名残惜しかったけれど
やはり何か食べたいとつぼまんへ
パスタが食べたいというと
「ではメニューにないものを」と出てきたのが
牡蠣がゴロゴロのクリームパスタ
いくらをトッピングしたカニ味噌のパスタ
ミネストローネのスープパスタ
「ミネストローネのパスタの量が多くなってしまったけどどうせ皿をぐるぐる回して食べるんやろ」とつぼまんさん
ご明察
三人でシェアしながら(私はまだ当たったトラウマから脱却できず牡蠣はパスだったが)
パスタを堪能
@800円は安すぎる

ここでようやく本日の予定終了
お腹も一杯
身も心も満足しながら家に帰ろう
[PR]

by gonnosuke117 | 2009-11-21 23:36 | でかける | Comments(0)
2009年 11月 21日
この人たちかっこよすぎる
c0090543_10104930.jpg

今年最後のリュックサックマーケット
お天気が心配されたけど山の上はなんとか晴れ時々曇り
しかし時折吹き抜ける風が冷たいこと冷たいこと
着込んで行ったつもりがどんどん冷えてくる
タイカレーやとん汁、コーヒーから樽酒まで身体を暖めようと食べ且つ飲んだ

でも一番熱くなったのはこれ

神戸を中心に活動中のバンドK106の山上ライブである
二部に分けてたっぷりと堪能させてもらった

リズムに合わせて自然に身体が動く
気がつけばいつの間にか寒さを忘れていた

これからが期待される彼らはこのメンバーでただで聞けるのは最後かも

おしまいまで聴きたかったけど次の予定もあり私達は次の場所へ
この三連休は予定満載なのだ
つづく…
[PR]

by gonnosuke117 | 2009-11-21 16:10 | でかける | Comments(0)
2009年 11月 19日
レシピをお取り寄せ
c0090543_10584760.jpg



レシピと言っても料理の作り方ではない
四万十ドラマの新聞バッグの作り方である
以前テレビで見て以来気になっていた

四万十ドラマは四万十川中流域にある会社で「四万十川に負担をかけない物作り」がコンセプトだそうである
そこで販売するものは全て新聞紙で包みたいというところからこのバッグが生まれたそうである
伊藤さんという女性が考案されたというこのバッグはボストンのミュージアムショップでも売られているとか
すでに単なるレジ袋の替わりではなくなっているのだ
このバッグをまずは実際に見てみたかった

作り方がついたものをネットで買うことが出来ると聞いたので注文する
三週間ほどかかると聞いていたが他の食品も注文したからか案外早く届いた

パッケージもいい感じ
新聞バッグは高知新聞で作られておりそれもまたいい
ついつい記事を読んでみたりして
丁寧に作られているのでしっかりしている
レシピが留められた木も好き

こたつと仲良くしたくなるこの時期
うたた寝を減らして新聞バッグ作りに勤しもうか

More
[PR]

by gonnosuke117 | 2009-11-19 23:58 | もの | Comments(2)