<   2009年 12月 ( 35 )   > この月の画像一覧

2009年 12月 31日
新しい年に向けて
c0090543_20551934.jpg

今日と明日の何が変わるというものではないけれど
時を数えて
日を数えることで
区切りを意識する

それでまた心新たに進んで行ける


2010年が誰にもよい年になりますように
[PR]

by gonnosuke117 | 2009-12-31 20:55 | Comments(0)
2009年 12月 31日
娘帰る
c0090543_11294819.jpg

昨晩遅くに仕事を終えて新幹線で娘が帰神した

お土産は東京大丸で並んで買って来てくれた今話題の
ねんりん家の生バウムだ

ふっくらしっとりで美味しい~
賞味期限は本日中
日付が変わる前ぎりぎりでしっかり完食した

今年も美味しいもので締めくくり
来年も美味しいものと巡り合えますように
[PR]

by gonnosuke117 | 2009-12-31 11:29 | Comments(2)
2009年 12月 30日
一気書き
c0090543_22544369.jpg

疲れをおして夫が年賀状をプリントアウトしてくれたのが昨晩深夜

明日は実家に帰るので今日のうちに添え書きをして投函しなくてはいけない

家事の合間に葉書に向かう
宛先もプリンター任せにしてしまった昨今である
せめてと添え書きに思いを込める

何回かに分けて二百枚余りを書き終えたときにはクラクラっとした

このバタバタは毎年の恒例行事になってしまった
ある意味我が家らしい年の暮れの風景ではある
[PR]

by gonnosuke117 | 2009-12-30 22:54 | Comments(2)
2009年 12月 29日
リフォーム完了
c0090543_11435046.jpg

c0090543_11435018.jpg

キッチンカウンターの引き出しが取り付けられたら工事は完了である
今日がその日
嬉しいようなどこか寂しいような複雑な心持ちである
現場で微調整しながら引き出しが取り付けられていく
floorさんの家具の完成品は栄町のお店で見ることは出来るけれど
作られていく過程をこうやって垣間見ることができたのはとても興味深いことだった

妥協を許さない丁寧な作り方を目の当たりに見て、私や夫はもちろん両親もとても納得がいったようである
母などはテンションが高くなり
「こんないいものを作ってもらって物を入れるのがもったいない」とまで言っていた

オープンの棚と
扉つきの棚が二ヶ所
スライド式のオーブン用の棚に奥行きの深いフルオープンの引き出しが五杯
さらに二、三人座れるカウンター部分には小物を入れるのに便利そうな引き出しが三杯

キッチン周りのものの大半がここに納まるだろう



リフォームを考え始めてから一年以上
のんびりゆっくり進めてきたが工事が始まってからはあっという間だった
思い描いていた以上のものが形となって目の前に現れるのはワクワク以上の不思議な気持ちであった

きちんと片付けを終えて帰って行かれるフロアデザインズさんの後ろ姿に感謝の気持ちでいっぱいになった
工事は終わったけれど暮らしていくことで家は完成に近づく
これから家を育てていくのは住まう者たちの役割である



お披露目を待ってくれている人たちがたくさんいる
来年は新年会を何回するだろう
[PR]

by gonnosuke117 | 2009-12-29 23:43 | Comments(2)
2009年 12月 28日
百グラムずつ
c0090543_19321587.jpg

息子は部活の忘年会とやらで出かけていった
私は午後からおつかいものを買いに出かけた
暮れの元町界隈はたくさんの人だ
セールが始まっていることもありデパートもごったがえしている
いつからかな
こういうキラキラした所が苦手になったのは
おつかいものを買う以外には滅多にデパートには足を向けなくなった

用をすませたらそそくさとバスに乗る

夫からも飲み会が入ったとのメールがあり晩ご飯は一人きりと決定
買い物ついでに今夜は水道筋でご飯を調達することにしよう

市場のお惣菜屋さんでおかずを選ぶ
少しずつでも量り売りしてもらえるのがありがたい

冷蔵庫に残っていたマッコルリを飲み飲み少し早い目の晩ご飯だ
お腹がいっぱいになったらば
今夜こそこたつの誘惑に負けることなく掃除しなくては
[PR]

by gonnosuke117 | 2009-12-28 19:32 | おいしい | Comments(4)
2009年 12月 27日
ビールまつり
c0090543_15142826.jpg

夫と息子との三人で実家のお餅つきの手伝いに帰る
お餅「つき」といってもつくのは機械任せではあるが

餅米を大きな蒸し器で次々と蒸し上げていく
新しいガスコンロになってお湯が沸くのが速いと母が喜んでいた

機械を使うといいつつも、餅米の蒸し加減や、つき加減がなかなか難しく
まあまあうまくできたかなと思うときには七升のお餅をつき終わっていた

お昼ご飯は息子特製 手羽先と野菜のスープである
思いがけないご馳走に両親も顔をほころばせながら食べていた

後片付けをして実家を後にする頃には日も暮れていて
帰り道お寿司やさんで晩ご飯を食べて
家に帰ってからは年賀状の文面を考えながら様々なビールの飲みくらべで小宴会だ
名前は忘れたけど画面右側のが一番好みだった
肴はハラペーニョ入りのオイルサーディンとフライドポテトだ
無農薬のキタアカリは皮付きのまま揚げたらホクホクで
五個分も作りすぎが…という考えは杞憂に終わった


明日で夫は仕事納め
いよいよ今年も残りわずか
大掃除に年賀状、買い物などなど課題山積のまま暮れの夜は更けていく
[PR]

by gonnosuke117 | 2009-12-27 22:14 | うちごはん | Comments(0)
2009年 12月 26日
今年も残りわずか
c0090543_9151859.jpg

まだ年賀状が書けていない…焦
[PR]

by gonnosuke117 | 2009-12-26 09:15 | くらし | Comments(2)
2009年 12月 25日
クリスマスの日に
c0090543_21162334.jpg

c0090543_21162365.jpg

先日テレビで映画を見た
「大停電の夜に」というタイトルだったか
イブの夜首都圏が突然の停電に襲われるというものだが
その中でろうそくが場面場面でとてもうまく使われていて
ろうそくの灯りっていいものだなあと改めて思っていたところへ

思いがけない贈り物が届いた
丁寧な手紙が添えられて
蜜臘のキャンドルと
小さな木の丸いものは電気のひも
引っ張って明るさを調節するあれである
使い心地の良さそうなボディソープも添えられている

クリスマスの今夜は灯りを落としてろうそくをつけて夫と息子とゆっくり過ごそうか
[PR]

by gonnosuke117 | 2009-12-25 21:16 | Comments(0)
2009年 12月 24日
メリークリスマス
c0090543_17163133.jpg

息子とケーキを食べに行ったplus freshで会ったかわいい子
彼女もこのお店の常連さん
[PR]

by gonnosuke117 | 2009-12-24 18:10 | でかける | Comments(4)
2009年 12月 24日
あるけあるけのクリスマスイブ
c0090543_1733437.jpg

点検とタイヤをスタッドレスに付け替えてもらうのとで車をお店に預けに行く

引き取りは夕方
それまでの間に諸々雑用をこなすつもり

今日は斜め掛けバッグにはき慣れた靴と歩く気満々の出で立ちである
バスは使わず歩こうと決めていた

2号線沿いの自動車やさん

その北西JRそばの銀行

その南西阪神電車の南側の郵便局

今度は北西へ
水道筋商店街で息子と待ち合わせてお昼ご飯

干物を買って

今度は東へ東へ

阪急六甲を過ぎ

息子が行こうと言うので
(これは想定の範囲内)
plus freshさんでケーキとお茶

息子と別れて今度は南へ南へ

阪急を越え

JRを越え

2号線沿いの自動車やさんへ
ここでちょうど引き取り予定時刻になった
ここをでてから五時間半
灘区の真ん中へんに大きな丸を書くように移動したことになる
その大半は歩いていた訳であるが
寒さの和らいだイブはお散歩にはちょうどよく
まだまだ歩けそう

今夜は
いや今夜も
ご飯が美味しいことだ

夫にはケーキではなく
水道筋で見つけた鯨肉ベーコンがお土産
[PR]

by gonnosuke117 | 2009-12-24 17:33 | でかける | Comments(0)