<   2010年 07月 ( 33 )   > この月の画像一覧

2010年 07月 31日
本人の評価は厳しかった
留守中の夫と息子の食事はやはり気になる
夏野菜たっぷりのカレーとか作っておいたりはしたけど
夏場故大量の作り置きも心配だ

「自分たちで何とかするからいいよ」と送り出してくれた心優しい我が家の男子達

初日の夜は息子が腕をふるい
ブロッコリーとたこのパスタを作ったそうだ

夜私の携帯にメールが届き
パスタは失敗やったと…

帰国して夫に尋ねたら
いやいや美味しかったという

どうやら水を足すタイミングを間違えて
少し焦がしてしまい
味が思ったようにならなかったのが
本人は悔しかったようで
近いうちに再挑戦するらしい

えらいぞ息子
その気持ちがあれば上達は早い

見た目は美味しそうなんだけどね
本人は納得いってない作品の図
c0090543_10195192.jpg

[PR]

by gonnosuke117 | 2010-07-31 10:04 | うちごはん | Comments(0)
2010年 07月 31日
ト マンナヨ
タイトルは韓国語で「また会いましょう」の意

ソウルに行くと必ず行く場所の一つが
明洞のトーストやさん

それまでにも二度ほど行っていたけれど
一昨年の夏娘が初めて一人で訪れたとき
アジュマがしっかり覚えてくれて

今回は娘の顔を見るなり
「ああ来たのね~!」
と大喜びで迎えてくれた

ここで言うトーストは
食パンをマーガリンを塗った鉄板で焼き
薄く焼いた卵焼きとハム、チーズを挟んだもの
(お店によって具は違う)

お願いすれば半分に切ってくれるので
今回も娘と半分こ

c0090543_9372824.jpg


熱々を頬張る
ケチャップとマスタードがきいている

さらに
キムパップ(海苔巻き)も半分こ

c0090543_939930.jpg


オーソドックスな味
これが美味しい

アジュマがコーヒーをサービスしてくれた
ミルクと珈琲がたっぷり入ったこのコーヒー
日本では飲まない味なんだけど
韓国に来ればブラックよりもこちらが美味しいと思ってしまうのは不思議

c0090543_949138.jpg


このトースト屋台は明洞のメインストリート
ラコステの角に
午前11時頃まで出ている

二日目の朝ご飯がこれ
ソウルを発つ日の朝にも訪れて
やっぱりコーヒーをサービスしてもらって
「また会いましょう
元気でね」
と握手をして別れた

この次はいつ食べられるかなあ
にこやかなアジュマと
余り喋らないけど
さりげなく気遣いしてくれるアジョシのお人柄も
ここにまた足を運びたくなる大きな理由の一つ
[PR]

by gonnosuke117 | 2010-07-31 09:50 | おいしい | Comments(4)
2010年 07月 31日
今回のめっけもん
旅の楽しみの一つが買い物
美味しいものやめずらしいものを見つけること
そしてそれを買うプロセスも大事

今回は余り観光地化されていない市場で
乾物を買った
さきイカとかピーナツとか
日本でも買えるものなんだけど
市場のアジョシ(おじさん)やアジュマ(おばさん)と
数少ないボキャブラリーの韓国語を駆使しての買い物が面白い

海苔を買ったお店で
美味しいごま油のお店を教えてもらって
そのお店を探して市場の中をウロウロしていたら
アジュマが追いかけてきて
「こっちこっち」と道案内してくれたり
流暢に喋れない分相手に助けられることも多かった

ソウルでは化粧品も必ずチェックする
明洞は市場とはうって変わった雰囲気で
華やかで非日常

年々コスメショップの客引きと売り込みがエスカレートしているのには少々辟易としたが
韓国コスメそのものはいい
ことにスキンケア商品は安くて良くできていると思う

今回見つけたのはこれ↓
c0090543_8533484.jpg


ふわふわと美味しそうだけれど
食品であって食品ではない

コンニャクで作った洗顔スポンジなのだ

ぬるま湯を含ませておいて
洗顔料をつけて
何回かくしゅくしゅすると泡が立ってくる
それで顔をくるくると撫でるようにして洗う
使用後は綺麗にすすいで風通しのいい場所につるしておく
2ヶ月ほど使えるそうだ

さっそく使ってみた
顔をすすいでビックリ
ツルツルになっている

コンニャクのスポンジは
関西では昔から使われており
子ども達が小さい頃にはこれで身体を洗っていた
なので肌にも優しいだろうと思う
お店の人によれば毎日使ってかまわないとのこと

かつて使っていたものに比べると
きめが細かく
更に具合がよさそう

これはいいわと
娘と二人でしっかり買い込んできた

これを使って更に美しくなる予定なので
周囲の方々
ご期待いただきたいw
[PR]

by gonnosuke117 | 2010-07-31 09:05 | もの | Comments(0)
2010年 07月 28日
ソウル三日目
c0090543_19495196.jpg


ソウルはかつて城壁に囲まれていた

今でも所々にそれが残っており

今日は東大門から北に伸びる城壁に沿って歩いてみた
だらだらと登りながら歩き続ける

公園のように整備されているところもあれば
すぐ脇をセメント舗装の細い生活道路が走っていたり
なかなか面白い

出会ったのはセミとりしている子供たちと
ベンチで昼寝しているアジョシ
何人かで集まって楽しそうにニンニクの皮むきをしているアジュンマたち
そして数匹の野良猫くらい
夏ののんびりとした風景がそこにあった


この城壁は新しく整備されたものであるが
重機もないその昔
数え切れないほどの石を運び
頑丈な城壁を築き上げ
ぐるりとソウルを取り囲んでいた訳で
やはり人の知恵と労力の積み重ねというものはすごいものだと思う

ここから眺めるソウルの街は日々変貌をとげているが
心地よく吹き抜ける風は
変わってはいないだろう
[PR]

by gonnosuke117 | 2010-07-28 19:49 | Comments(0)
2010年 07月 26日
隣には
c0090543_22164154.jpg

今回の宿泊先は
初めてホテルではなくモーテルを選んだ

地下鉄の駅から徒歩5分
建物はそれなりに古びてはいるが
フロントの方には日本語も通じるし
部屋は清潔である

隣は曹渓寺という大きなお寺で
読経の声が聞こえてきたりするのがまた心が落ち着くのだ

知り合いの方に安いところをとお願いして探してもらっただけあり
一泊40000ウォン
日本円で3200円
これが一人ではなく一部屋の価格である
つまりは一人あたり1600円なわけで
なんだか申し訳ないような気持ちになるくらい安い

この部屋を拠点に
二年ぶりのソウルを存分に楽しむつもり
[PR]

by gonnosuke117 | 2010-07-26 22:16 | Comments(2)
2010年 07月 26日
着いたとたんににゅ〜〜ん
c0090543_14405122.jpg

c0090543_14405194.jpg

昨日の夜になってからごそごそ旅支度
これはいつものことではあり

今日はさすがに眠く、機内食を食べてからはうとうとしていた
午後1時頃金浦空港到着
この空港を利用するなら麺好きとしては外せない
空港内フードコートのカルグクス

娘は海鮮カルグクス
私は饅頭カルグクス

注文を受けてから麺を茹でるので時間は少々かかるものの
こしがあり
だしもあっさりしていて美味しいのだ
これで5000ウォン日本円で約400円なのだからほんとお値打ち

おなかいっぱいになったところで
地下鉄でソウル市内に移動しよう
[PR]

by gonnosuke117 | 2010-07-26 14:40 | Comments(4)
2010年 07月 26日
-
c0090543_10534016.jpg

ではいってきます
[PR]

by gonnosuke117 | 2010-07-26 10:53 | Comments(0)
2010年 07月 24日
今回のバイブル
c0090543_14543252.jpg

月曜から娘とソウルへ
宿泊は格安で
その分美味しいものをたくさん食べたい

私も気になっていたこの本は娘が買って来てくれた

以前行って是非再訪したいと思っていたお店や
たびたびおじゃまするブロガーさんから教えてもらって行ってみたいと思っていたお店も出ており

行きの飛行機ではこの本を読み込むことになるだろう
[PR]

by gonnosuke117 | 2010-07-24 14:54 | Comments(6)
2010年 07月 22日
神戸の街を眺めながら
友人のご招待で
ポートピアホテル29階で
中華料理バイキングをいただいた

お料理は美味しくて
話も弾んで楽しい時間を過ごした

そして何よりのご馳走はこれだったかも

c0090543_21584571.jpg


お天気が良かったこともあり
山々を背負った神戸の街が遠くまで見渡せたこと

やっぱり綺麗な街だと思う

一つ残念なのは手前のビルが邪魔をして
大好きな摩耶山が見えなかったこと

一つ心配なのは二時間余り食べ続けた私の体重
[PR]

by gonnosuke117 | 2010-07-22 22:02 | でかける | Comments(6)
2010年 07月 21日
欲しいものは近くにあった
韓国に行くと必ずと言っていいほどごま油を買ってきていた
友人達にも美味しいと評判で
おみやげにとついつい買い込み
スーツケースが重くなっていたものだ

けれどもこれからはそんなことはなくなりそう

とっても美味しいごま油を日本で見つけてしまったのだ
しかも水道筋の市場でだ

お土産に韓国に持っていく人もいるほど本場にも負けない味


c0090543_2215403.jpg


アジュンマがくるくるっと新聞紙でくるんでくれる

緑色のビンは焼酎のそれの再利用だ
ラベルもない
コストを省いてくれているお陰のお値打ち価格

c0090543_222121.jpg


これが本当に美味しい
ナムルは確実にひと味ランクアップする

どこのお店か教えたいけれど教えない
宝探しのように市場を端から端まで歩いてみて欲しい
そうすればきっと
他にもたくさん美味しいものが見つかるというおまけも付いてくるだろうから
[PR]

by gonnosuke117 | 2010-07-21 22:26 | おもうこと | Comments(2)