<   2011年 01月 ( 45 )   > この月の画像一覧

2011年 01月 31日
たいつはいたつ
c0090543_1525682.jpg

先日timoちゃんの職場におじゃましたとき
暖かそうなタイツが気になりながら
そこでばったり会ったBIGMOUNTAINさんとおしゃべりしているうちに
買い忘れ
帰りの電車で気が付いた

厚かましくtimoちゃんにお願いして
買っといてもらった
ラッキーなラスト1


こちら方面に用事があるからと
timoちゃんがわざわざ持ってきてくれた

今日は
CAFE TIMOの下見に来たそう
オープンまで1ヶ月を切って本人の顔を見るといよいよ感が増す

私の中ではすでにベーグルランチへのカウントダウンスタート
[PR]

by gonnosuke117 | 2011-01-31 15:25 | Comments(2)
2011年 01月 30日
あおたにみち
c0090543_2222948.jpg

午後から摩耶山に出かけた
夫がかつて最初に摩耶山に登ったルート青谷道を途中の行者茶屋まで

バスを青谷橋で降りたら青谷川に沿ってあるく
民家と川の狭い道はかなり私の好み
青谷道の入り口への最後の階段は隠れ家へ通じるようなワクワク感がある
(本来はもう少し広い道をたどるみたい)

青谷道は
お不動さんがあったり
神戸唯一の観光茶園があったり
そのためずいぶん上のほうまでバイクであがれるような道が整備されている
郵便配達の方もあがられるだろうからコンクリート舗装の道は必要なのだろう

c0090543_22131083.jpg


旧摩耶道への石段を登りそちらのルートをたどってみたい衝動にかられるが
日暮れまであまり時間がないので今回は我慢だ

c0090543_22143488.jpg



今年は二週間に一度は摩耶山に行きたいと思っている
ルートによってそれぞれ違う山の表情を楽しみたい
今日のように午後からぷらりと出かけることも出来る環境を改めてありがたいと思う
[PR]

by gonnosuke117 | 2011-01-30 22:02 | でかける | Comments(4)
2011年 01月 29日
じょしかい
かつてほんの短期間だけ所属していた異業種交流の会
残念ながら解散してしまったのだが
そのメンバーの方からのお誘いで
ランチ会に参加してきた

会場の都合で今回は女性ばかり六名
完全予約で一組限定の日本料理のお店である

残念ながら場所も
もちろんお店の名前も明かせない
阪急沿線の駅のすぐそば
湯木貞一さんのもとで修行された方と聞いている

こんな機会はそうそう無いと思うので
覚えに料理の画像を残しておく

c0090543_220037.jpg

うさぎのうつわは今年のために焼いてもらわれたのだそう
中にはふっくらと炊けた黒豆

手前のは今宮戎のかわらけ
店主自らがこちらにお酒を注いでくださった


c0090543_2203822.jpg

花びら椀
お出汁がなんとも上品

c0090543_2211068.jpg

マグロのお刺身は口の中でとろけた

薄揚げでくるんだ暖かいお料理もあったけど
つい我を忘れて食べてしまい画像無し

c0090543_2215872.jpg

今日の幹事さんの
「お肉をがっつり」という要望に応えて出してくださった
この季節は脂が回りすぎるのでちょっと難しいリクエストだったよう
けれどもこちらも口の中でとろけた
辛子醤油でいただく

c0090543_2231249.jpg

本日2本目のワイン
かなり贅沢してチョイスしただけあって
そりゃもう…

c0090543_2234512.jpg

なめらかな茶碗蒸し
この美しい蒸し上がり

c0090543_22543100.jpg

まながつお…だったかな?

c0090543_2284782.jpg

芋ご飯をゆばでくるんである
なんて美味しい

c0090543_2275085.jpg

果実たっぷりのゼリー
ソースのかかり方が美しくないのは
私がかけたら
まずは何もかかっていないままで見た目を楽しんだ後ソースをかけて頂くという趣向

途中でお水とお茶の出されるタイミングが絶妙
食事中と食後ではお茶の種類が変わる

日本料理は
個々ではなく
最初から最後まででひとつのものであると感じた


ここまで見せといて
お店の場所も名前も明かさないとは
見せびらかしてるだけ?といわれても仕方ないな
行きたい方はご連絡を
こそっと教えます

[PR]

by gonnosuke117 | 2011-01-29 22:32 | でかける | Comments(0)
2011年 01月 28日
てぶくろをかいに
というのは新見南吉の童話のタイトル

私の場合買いに行ったのではなく
忘れた手袋をとりに行ったのだった


夫は飲み会で晩ご飯不要
前の日に
息子と水道筋へ繰り出そうと話しており
大急ぎで帰宅したらば
先に帰っていた息子はこたつでまったりしている
なんと約束を忘れていたと
一度はめげそうになったが
へなちょこ三線のときに忘れた手袋を取りに行かねば
…いやいや
正直に言おう
水道筋でおいしいものが食べたい
その気持ちは寒さを凌駕して
出かけて行ったときには

通い船は
満席を通り越し
立ち飲み状態
お客さんが譲り合ってスペースを空けてくださった

泡盛に
沖縄おでん
どれもおいしいけど
テビチと昆布は絶対食べるべし


ほどほどにお腹を満たし
少しばかり酔ったところで
もう一軒


目指すはよしみ亭

こちらでは思い思いの日本酒に
おいしい創作料理

c0090543_17494795.jpg

c0090543_17494760.jpg

自家製厚揚げをくりぬき
ソースに絶妙の比率で酒粕を混ぜこんだグラタンは
傑作だ


さあさあそろそろバスが無くなる前に帰ろうね
[PR]

by gonnosuke117 | 2011-01-28 23:49 | でかける | Comments(0)
2011年 01月 28日
さいかい
c0090543_11192844.jpg

再び小銭貯金を始めた
今回の目標は今までで最も高額
つまりゴールははるか彼方なのであるが
頑張る


待ってて
赤のクロスバイク
[PR]

by gonnosuke117 | 2011-01-28 11:19 | Comments(2)
2011年 01月 28日
あさからおさしみ
c0090543_10214810.jpg

三人揃っての朝食
平日には珍しいことなので
少しだけ頑張ってみた

メインはおさしみ
と言っても大根のである

c0090543_10214877.jpg


お味噌汁に入れようと準備していた大根を何気なく一切れ食べてみたら
とても甘くてみずみずしく
火を加えるのがもったいなくて
そのまま切って鰹節とお醤油をかけてみた

身体が目覚めるような特製おさしみ




朝ごはんにリキを入れたので
お弁当は作れなかった
息子よ
へたれな母でごめん
[PR]

by gonnosuke117 | 2011-01-28 10:21 | Comments(0)
2011年 01月 27日
おいしいものてんこもり
c0090543_9275318.jpg

もうすぐ夜の9時になろうとするのに
おなかがすかない
こんなことは久しぶり

体調が悪いのではない
単に食べ過ぎただけ

今日友人四人が遊びに来てくれた
先ずはプラスフレッシュでパスタランチ
チーズの風味が効いたサーモンのソースはやっぱりおいしくて
大きなパスタによく合う
残ったソースはパンで拭ってきれいにいただいた

途中からもう一人合流
駅でピックアップして我が家へ
プラスフレッシュで買ってきたケーキでお茶

次にはみんなが持ってきてくれたおいしいおやつ

姫路発祥の御座侯

大久保近辺では知る人ぞ知る
朝日堂のみたらしだんご

甘いものばかりでない
明石たこせんに
七福神あられ

気が付けばついつい食べ過ぎて
晩ご飯を作る気にもなれない状態


おしゃべりが楽しいと満腹中枢はマヒするのか?



さすがに食べきれなかった
フリーズドライ納豆ともちむぎ煎餅は後日のお楽しみ
[PR]

by gonnosuke117 | 2011-01-27 20:53 | Comments(2)
2011年 01月 27日
ごかんでたのしむ
c0090543_841236.jpg

昨日大阪に出かける前に
フクギドウさんに寄る

フクギドウさんの本がいよいよ発売になるのだ
書店での販売は何日か後なのだけれど
フクギドウさんに行けば昨日から買えた

電車に乗り、いつもなら立つところを今日は空いている席を見つけて座る
紙袋からそろそろと本を取り出す

触った瞬間にあっと思う
表紙の紙質がなんとも心地よい

最初から丁寧に読み進む
写真にも文章にもフクギドウさんの思いがあふれている

…で、途中でやめた
いちどきに読んでしまうのが惜しくなったから
大好きなお菓子を
もう少し食べたい気持ちを我慢して次に食べるときを楽しみに置いておくような
そんな読み方がしたい本


でも、
timoちゃんとsae工房さんのページだけは真っ先にチェックした(●^ー^●)


つくり手からつかい手へ、豊かな暮らし
フクギドウ(表ゆかり 三上裕子)
主婦の友社
[PR]

by gonnosuke117 | 2011-01-27 08:04
2011年 01月 26日
るーしー・りーをみにいく
c0090543_1882913.jpg

大阪中之島の市立東洋陶磁美術館で開催されている
ルーシー・リー展を見に出かける

肥後橋で友人に会い
そこから川沿いにてくてくと歩く

中之島界隈をゆっくり歩くのは初めてかもしれない


今回の展示は
過去最高の作品数とあって会場には平日にも関わらずたくさんの方が来られていた

イヤホンで聞く解説が
樋口可南子だったこともあり
今回は奮発
耳からと目からとじっくり鑑賞する

私が心惹かれたのはやはり
カップやポット、陶製のボタンなど
日常にさりげなく溶け込みそうなものたち


ルーシー・リーの世界に浸り
少々のぼせ気味に後にした会場出口から見た窓は
格子状に分割された借景が美しかった
[PR]

by gonnosuke117 | 2011-01-26 18:08 | Comments(4)
2011年 01月 25日
とくとうせき
c0090543_21264565.jpg


何度となく訪れるお店は
いつの間にか座る席が決まっていることが多い
お店に入ってから知らず知らず足の向く席とでも言おうか

同じお店でも
誰かと来るとき
一人で来るとき
向かう席は違う

時折ふらりと立ち寄るご近所のカフェに
一人で行くときに座るのは
壁際の小さなテーブル席
すぐそばに本棚があり
のんびりと本を読みながら時間を過ごす

本のセレクトが
私と部分的に重なる
持っている本もある
持っていない本も私の好みをいい具合にかすめており
手を伸ばしてみたくなるのだ

今日は酸味のきいたベルギービールを飲みながら
松浦弥太郎さんの本をじっくりと

こちらで読ませて頂いた本を後日書店で買い求めたこともある
段々少なくなっている私の読書時間にいい刺激を与えてくれる場所でもある
[PR]

by gonnosuke117 | 2011-01-25 21:26 | でかける | Comments(4)