<   2011年 03月 ( 33 )   > この月の画像一覧

2011年 03月 31日
てれやさん
c0090543_1784049.jpg

摩耶ビューラインを堪能したその日
夜は夜で女性ばかり六人での飲み会

会場は
ティダチチサロン火曜枠
パスタ屋Tetzさん



全員よく飲み
よく食べ
多分メニューのほとんどを制覇

私は自分のペースを忘れてしっかり二日酔い



tetzさんに写真撮らせてとお願いしたら
↑こんなの

カメラマンが酔っ払っているせいか
モデルの動きが激しすぎるのか…
ブレていない本物が見たければ
火曜か水曜にティダチチサロンへ
[PR]

by gonnosuke117 | 2011-03-31 17:08 | Comments(0)
2011年 03月 31日
どんなかぞくこうせい?
c0090543_16434923.jpg

火曜日
あさやんtimoちゃんにまぜてもらって
摩耶ビューラインの運休日に開かれたイベント
撮影会に行ってきた

昼の部の参加者は十七名
マニアというよりはビューラインと摩耶山が好きで好きでという方々だったと思う

イベント運営にあたってくださったスタッフのみなさんの意気込みがひしひしと伝わってくる
至れり尽くせりの撮影会だった


機械室でモーターの音と
大きな滑車が動くのを見てわくわくしたり
ケーブルカーの下を覗き込み
非常ブレーキの作動の様子に歓声をあげたり
私って機械フェチかもしれない


この日一番の景色は
上のケーブル駅の機械室から抜けたところから見たもの
目の高さにレールがあり
その先にケーブルカー
背景は山と神戸の街である
「ね、いいでしょう?」と言われた職員の自慢気な表情
こういうのを“どや顔”って言うのねw
けど、これを毎日眺められるなんてほんと羨ましい




さて、さて
掬星台でのしばしの自由時間
持参してきたお茶とお菓子とで歓談していたら
他のグループの方が
「ご家族ですか?」と

timoちゃん+10歳→あさやん+15歳→私

ってことは
母と息子、娘に見えた?

うへ( ̄□ ̄;)!!
[PR]

by gonnosuke117 | 2011-03-31 16:43 | Comments(0)
2011年 03月 28日
きもちばかりだけれど
c0090543_1882030.jpg

フクギドウさんが
チャリティーフリーマーケットをされる
売り上げはすべて義援金にされるのだ
私も微力ながら参加させてもらうことに

gonnosukeと言えば
粗びき胡椒
ってことで
手持ちありったけを
…といっても1kgちょっとしか無いんだけれど

少しでも足しになるかなあ



フクギドウさんの
チャリティーフリーマーケットは
4月2日(土)
[PR]

by gonnosuke117 | 2011-03-28 18:08 | Comments(2)
2011年 03月 28日
あててみて
c0090543_7492814.jpg


ペパロンさんのカードケースである

timoちゃんが持っていて
あんまりかわいいので
頼んで買ってきてもらった
ペパロンさんの千代紙にはそれぞれ楽しい名前がついている

柄そのものも楽しい色使いを含め魅力に溢れているのだけれど

それにつけられた名前を知るとさらに愛着がわく

さあさあ当ててみて
この三つの名前



ところで
このカードケース
さり気ない作りながら
よく考えられていて
ポケットが四つ
内側はツルツルしているので出し入れしやすい

紐の先っぽも柄に合わせてそれぞれ違う

バッグに入れたり
手帳に挟んでおくだけで楽しくなりそう


c0090543_7492854.jpg



さて、
先ほどの質問の答えは…


c0090543_7492869.jpg

[PR]

by gonnosuke117 | 2011-03-28 07:49 | Comments(0)
2011年 03月 27日
またかおうかな
c0090543_21305631.jpg

先日届いたクウネルに
包丁の研ぎ方が詳しく書いてあった
以前は砥石を持っていてまめに研いでいたのだが

あの作業
気持ちにゆとりがないとどうもうまくいかない気がする
で、いつの間にか砥石は処分

でもシャープナーは味気なく
やはり包丁に感謝を込めつつ丁寧に自らの手で研ぐという作業への未練は立ちがたく…

クウネルを傍らに
もう一度包丁研ぎに挑戦してみようかな
[PR]

by gonnosuke117 | 2011-03-27 21:30 | Comments(2)
2011年 03月 26日
いちどやってみたい
息子の卒業式の日
お祝いにとよしみ亭さんに出かけた
あいにく夫は急な飲み会
わたしたちだけでごめんね
まずは東北の銘酒大七を
一杯毎に300円の募金になるそう
オーダーすると貯金箱が前に置かれてそこにオーナーさんから手渡された300円を入れていく仕組み
息子と私からもそれに加えて少しだけど募金をいれた
いろいろ食べてぜーんぶ美味しかったんだけど

c0090543_14251515.jpg


酒粕のおでんが噂どおり素晴らしい味

c0090543_14251512.jpg


いかなごのはんぺんは素材の風味がしっかり


たまたま来店されたTさんとオーナーさんから
卒業のお祝いにと
明石の地酒「来楽」をごちそうになる
親としても一区切りの夜
幸せをしみじみ感じるお酒である



ところでよしみ亭さんは通常は夜からの営業
日曜のみ1時オープンとうかがっている

CAFE TIMOでランチして
よしみ亭でちびちびと昼飲み
っていうのが当面やってみたい日曜の過ごし方
[PR]

by gonnosuke117 | 2011-03-26 14:25 | Comments(0)
2011年 03月 24日
そつぎょうおめでとう
c0090543_1544625.jpg

息子の卒業式である

親として出る最後の卒業式かなと思い出かけた

大学生ともなると
しかも男で照れがあるのか
家を出るときから別々

最寄り駅からは
お母さんととか
なかにはご両親と楽しそうに歩く姿を少しさみしい思いとともに眺めつつ
私も会場に向かう

息子の学部席に近いゾーンに座り姿を探す
女の子ならば着物や洋服の色、髪型で見つけられそうなのだが
ほとんどが黒のスーツ
しかも後ろ姿となれば
もう無理
探すのはあきらめた


東日本地震の黙祷から始まった卒業式
大過なくこの日をむかえられた幸運を感謝しつつ見守った

社会に出てからもこの学校の卒業生である誇りを胸に抱きつつ頑張って欲しいと思う


式のあと
たまたま息子を見つけた
遠くからカメラを構えたら
気が付いたのかにっこり笑ってVサイン

やっぱりかわいい奴だと思う親バカ
[PR]

by gonnosuke117 | 2011-03-24 15:44 | Comments(6)
2011年 03月 24日
まねのできないもじ
c0090543_12493968.jpg

お土産にいただいた紅茶はキャラメルの香り

量り売りを買ってきてくださったようで
品番と思われる数字と
Caramelの手書き文字


いつも思うのだけど
よその国の人(主としてアルファベットを使う国かな?)の手書きの文字
ことに数字には独特のクセがあるように思う
真似したいけど
できない
[PR]

by gonnosuke117 | 2011-03-24 12:49 | Comments(0)
2011年 03月 21日
にゅん
夫と車のオイル交換とタイヤの履き替えに行ったらば
タイミングが悪く
二時間かかるという

ちょうどお昼どき
一度行ってみたかったすぐ近くのお店に

福龍門は
刀削麺のお店だ
お店の前には大きな釜にお湯が煮えており
包丁で削られた生地が次々とお湯の中に飛び込んでいく
見ているだけで楽しいパフォーマンスである


さてさて
お目当ての刀削麺にいくまでに

c0090543_220121.jpg


酢豚は甘さと酸っぱさが絶妙
夫は残ったソースをすくっていた
白ご飯が欲しいね


c0090543_22015.jpg


焼き餃子は
皮がもちもち
大きな口を開けて頬張ればおいしい肉汁が

酢豚は小サイズにしたのに
この時点ですでにおなかはいい具合に満たされている

いよいよ
刀削麺登場

c0090543_220261.jpg



これがなかなかのボリュームであり
けれどもあっさり味のスープに
麺の太さが不揃いなことによる様々な食感がおいしくて
気が付けば完食である


ところで
刀削麺は短いので
にゅ〜〜〜んは無理なのだった
[PR]

by gonnosuke117 | 2011-03-21 22:00 | でかける | Comments(2)
2011年 03月 20日
おかえり
c0090543_2323935.jpg

それは突然のことだった
1ヶ月ほど前になろうか
仕事を終え
車からバッグをおろそうとしたとき
鈍い音がした
一瞬バッグを取り落としたかと思った
え?
見るとバッグの持ち手を止める皮がちぎれている

荷物の多い人である
確かに酷使したよな
ごめんなさい

呆然としたけど
仕方ない
バッグを買ったル・ボナーさんに修理をお願いした

三連休中日の今日
修理完了の連絡をいただいたのですぐに車を走らせて

外れていないところも弱っていたそうで
四ヶ所すべて取り替えてくださったそう

よかった
これからまだまだ使える


お手入れや修理など
後々まで
丁寧に面倒を見ていただけるのは
デザイン、製作、販売まですべてこなされる「独立系鞄職人」のル・ボナーさんであればこそ
[PR]

by gonnosuke117 | 2011-03-20 23:02 | Comments(0)