「ほっ」と。キャンペーン
<   2011年 04月 ( 33 )   > この月の画像一覧

2011年 04月 30日
ほそくながく
c0090543_1144334.jpg

娘も東京からもどり
家族そろって実家へ
母も伴い
謡(うたい)の会に行く

父は途中中断期間もあったものの40年ほど謡を続けている
84才の父
人生の半分近く続けているなんて考えてみればすごいこと
なんでも人間国宝だった方の孫弟子になるらしい
(この度初めて知った…こういうことをあまり父は言わない)
退職してからは謡の練習が日課となっており
少しずつの時間ではあるが謡の本を開いて声を出している

プログラムを見れば今回父は独吟をさせていただくよう

舞台に父が出てくる

広い会場内に父の声が響く
十分ほどの演目であったが
最後までその声の調子は衰えることもなく
無事演じ終えた


本人は慣れだと言うが、マイクなしでこれだけの時間お腹から声を出すことはやはり日々の練習の成果だと思われ

娘や息子もいつもと違うおじいちゃんの姿に更に尊敬の念を抱いたようである


いい黄金週間の始まり
[PR]

by gonnosuke117 | 2011-04-30 11:44 | Comments(0)
2011年 04月 29日
あいらぶすもーく
c0090543_10492825.jpg

たばこが好きなのではなくて
燻したものが好き


いり番茶を初めて知ったとき
その香りにわくわくした

パッと見は枯れ葉のようであり
煙の匂いがする
置いておくだけでもそこら辺に香りが立ちこめる
これがなかなか美味しいのだ

お茶を摘んだ後のお茶の木を刈り取ったもの
枝も入っていたりする
それを煎ったのがこのいり番茶
なのでとても安価である

最初その独特の香りに腰が引けていた家族も
飲んでみて納得

温かくても冷たくしても美味しい

土瓶にたっぷり作ってごくごくと飲んでいる
[PR]

by gonnosuke117 | 2011-04-29 10:49 | Comments(0)
2011年 04月 28日
うしよりまめがすき
c0090543_20531057.jpg

いや、単に牛乳より豆乳が好きというだけなんだが


阪急芦屋川駅からほんの少し西に行った道の端に
ショーケースを一つ置いてお豆腐や若狭の美味しいものを売っている若者がいる

とうふ屋六兵衛さんは
何を隠そうバンタム級のプロボクサー

小浜にある大正3年創業の ご実家のお豆腐は
国産大豆と若狭の地下水と国産にがりのみで作られており
味わい深い

絹ごしや木綿、うす揚げなどはC.Aさんに野菜と共に配達してもらうこともできる

今日は
豆乳とおからを買った

ちょっとカフェなんぞに寄り道したい誘惑を振り切り
必要最低限の用事だけを済ませて家路を急ぐ
手には要冷蔵の豆乳1リットルがあるのだもの


せかせか歩いて少し汗ばんだころ自宅に到着

ビニール袋入りの豆乳を慎重に容器に移す

で、一気にコップに二杯を飲み干す
体に染みるとはこのことね
[PR]

by gonnosuke117 | 2011-04-28 20:53 | Comments(2)
2011年 04月 28日
さいこうくらす
c0090543_14473633.jpg

我が家でコーヒーを入れるときには
様々なグレードがあり


グレード1
韓国のインスタントコーヒーにお湯を注ぐだけ

グレード2
あらかじめドリップ用に挽いてあるコーヒーを
電気ポットで沸かしたお湯でいれる

グレード3
ミルで豆を挽き
電気ポットで沸かしたお湯をドリップポットに移してからいれる

グレード4
ミルで豆を挽き
鉄瓶でお湯を沸かし
ドリップポットで入れる



和歌山のもくれんさんのコーヒー豆を入手した
なので本日はもちろんグレード4
[PR]

by gonnosuke117 | 2011-04-28 14:47 | Comments(0)
2011年 04月 27日
これもあるいみたにんどん
c0090543_13443678.jpg

一人のお昼ご飯はついついいい加減になる

今日も今日とて
朝の残りのお味噌汁と

ご飯にちりめんじゃことまぐろぶしをたっぷりと
青ネギを散らしたら
お醤油をたらり



こういうのがけっこう美味しかったりする
[PR]

by gonnosuke117 | 2011-04-27 13:44 | Comments(2)
2011年 04月 26日
とらんくでざいん
c0090543_22104180.jpg


垂水駅すぐのトランクデザインさんに行く
お目当ては玉木新雌さんのストールである

友人と二人
あれこれ巻いてみるが
結局最初に手に取ったものに決定
友人はtamaki niimeデビューである
何の予備知識も持たずついてきた彼女
玉木さんのストールの手触りの良さにすっかり魅了されたよう

ところでこの友人
妙に鼻がきく
ストールが決まり落ち着いたところで
「名刺を作ってもらえるんですか?」と聞く

そう言われて彼女の視線の先を見れば窓際になにやら置かれている

活版印刷の名刺のオーダーができるというのだ

「活版印刷」
というところで今度は私が色めき立ってしまった
印刷部分のあのおうとつは活版印刷独特のものであり
なんともいえない味がある

実際に作られた名刺を見せていただきながら詳しく話を聞く
使われる紙もさまざま
それぞれがとても品格と風情のある名刺だ


うわー!
欲しい

いつかお小遣いを貯めて
プライベート用の名刺を
と密かに心に決めたのであった
[PR]

by gonnosuke117 | 2011-04-26 22:10 | でかける | Comments(5)
2011年 04月 26日
でざーとつき
c0090543_12475034.jpg

今日はお弁当を持ってきた
おかずはいつも通り代わり映えのしないものだが…


本日は特別
デザートつき!
昨日kakkeちゃんのとこで買ってきた
アトリエモリヒコのお菓子を少しだけ

これだけのことなんだけど
お昼が近づくとわくわく
[PR]

by gonnosuke117 | 2011-04-26 12:47 | Comments(0)
2011年 04月 25日
にやけてしまう
フクギドウさんでの金継ぎ教室2回目
漆を塗り
金粉をはたくという最終段階

まずは意外に広範囲についているパテを綺麗に落とす作業から
ちゃんとしたつもりでも先生に見ていただくと
取り残しが…


次に茶色の漆を塗る
細い筆で慎重に
うまくいったつもりが
小さな糸くずが着いていてやり直し

目をこらし息を止めるようにしての作業
なんで4つも持ってきたんだろうと後悔しそうになるも
いつの間にか夢中で筆を動かしている

さて
いよいよ金粉をつける

真綿を巻いた綿棒に極少量の金粉をつける
ついたかどうかわからないほどなのに
とんとんと軽くはたくと
漆を塗った部分だけ金色が鮮やかに浮かび上がる
思わず歓声を上げる

最初は粉っぽいけれど
綿棒を撫でるように左右に動かすとみるみる艶が出てくる

自分のうつわがまた違った魅力を持ち始める
それが自分の手によるものだけに
更に愛おしい

ついつい顔がほころぶ
「うれしくなるわ」と言うと
お隣のmatocaさんが
「とても笑顔でした」と
やっぱり?

さて
ビフォーアフターをご覧くだされ

c0090543_2134485.jpg

c0090543_21344889.jpg


一つ一つの作業が仕上がりを左右すると聞いていたことが
金粉を塗ってよくわかる
反省点もいろいろ
なれど
達成感はたっぷり

うつわたちは
フクギドウさんでお預かりいただき
しっかり乾燥させた後
先生が透明の漆を塗って下さって
ようやく我が家に帰ってくることとなる
それまで約1ヶ月
楽しみな時間である
[PR]

by gonnosuke117 | 2011-04-25 21:34 | うつわ | Comments(0)
2011年 04月 24日
ようやくはるしよう
c0090543_22121669.jpg


いつもならとうの昔に仕舞っているのに
ちょこっと寒かったり
お天気が悪かったり(布団を洗っても干せない)などなど
今年はどうしたことかタイミングを逃し
本日ようやくこたつを撤収した

テーブルを出すまでしばし広びろとしたリビングで
ちょっと休憩のお茶タイム

夫と息子はさっさと次の作業に
私はもう少し休憩^^


脚付きのお膳はちょこっとお茶したり
お酒飲んだりするときに便利
[PR]

by gonnosuke117 | 2011-04-24 22:12 | くらし | Comments(0)
2011年 04月 23日
げんざい11しゅるい
c0090543_22243490.jpg


先日ブログで書いてから
妙に食べたくなったエースコイン
夫が百均で見つけてきてくれた

お皿に種類別に並べてみる
パッケージによれば全部で20種類あるようだ

同じ物が出てきたら
食べるw

putih_coklat さんの好きな天保五両判金はこの後発見

極々普通の味なんだけど
ついついもう一つと食べてしまう
さすがロングセラーである
[PR]

by gonnosuke117 | 2011-04-23 22:24 | おいしい | Comments(8)