<   2016年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2016年 08月 25日
おせっかい
c0090543_16095145.jpg


銀行用事に出かけたときのこと
タクシーから年配の男性が運転手に抱えられるようにして降りてこられた
しばらくして見ると1人歩道に立ったまま

どうにも気になり引き返す
声をかけてみるとタバコを買いたいとのこと
道路の反対側の自販機まで身体を支えながら付き添う
ご病気なのか足がスムーズに前に出ない
「このあとはコーヒーを飲みに行く
自分で行けるから大丈夫」と言われるがどうにも気がかりで
ご一緒しますと喫茶店まで

どうやらそちらの常連さんだったようで
お店の方に「勝手に来るから大丈夫だよ」と言われ
普段からお一人で出かけておられるのだとわかる
手を添えたのは余計なお世話だったのだろうに嫌がらずつきあってくださったのは男性の方だったかもしれない

体格がどことなく父に似ておられた
ああそうか
もう父には何もしてやれないのだなと思うと涙が出てきた
帽子を目深に被って歩いた



[PR]

by gonnosuke117 | 2016-08-25 15:57 | くらし | Comments(0)
2016年 08月 05日
もういちどのりたい
c0090543_19021308.jpg


ポストを覗いたら
完璧!感動!感謝!
と書かれたシールで止められた茶封筒が届いていた
この言葉聞き覚えがあるぞと表に返すと、
みやざき中央新聞からのもの
???

そして白いシールに書かれた文面を読んで納得した

ANAの名物機長と呼ばれた
元全日空機長の山形和行さんの掲載記事が送られてきたのだ

何を隠そう 私は山形機長ファンクラブの会員なのだ
ファンクラブが存在するする機長さんはそうそういらっしゃらないだろうが、それほど魅了される機内アナウンスだということ

仕事からの帰りたまたま山形機長のフライトに乗り合わせ
その機内アナウンスに感動した
あとでファンクラブの存在を知り早速申し込んだというわけ

山形機長のフライトに乗り合わせたいがためにわざわざANAの便を選んだこともあるが、残念ながら以降その幸運には恵まれていない
2013年に退職されたので、もうどうあがいてもその機会は巡ってこないのだが
一度でも乗り合わせられたことはラッキーだったと思う

心に少しでも不安のある乗客に安心してもらうために始められたという機内アナウンスは流暢でありながらゆったりと心和むもの
今でもお元気で講演活動をされているようなので、いつかもう一度あのお声を聴かせていただけるチャンスを待ちたいと思う




[PR]

by gonnosuke117 | 2016-08-05 18:42 | くらし | Comments(0)