「ほっ」と。キャンペーン
<   2016年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2016年 10月 19日
とどーん
c0090543_11484512.jpg


ソウルから月曜日に発送して木曜日に届く
すごいな

大きなハコの中身はイブルだ
キルティングのお布団
薄手なのに暖かい
洗ってもすぐ乾く

今回はいろんな人から頼まれたので、嬉々として買い物に繰り出す

c0090543_11484688.jpg


寝具店に行くと山のようにイブルが積んであるけれど、柄物やら刺繍を施した豪華なのやらが多く
私の求める無地のシンプルなキルティングのものは少数なのである

3軒目でようやく希望のものを見つけた
好みの色を次々出してもらう

お店の人は
「どれにします?」
という顔で待っている
「全部ください」
と言うと

少し驚きながらも、
店主ご夫妻二人がかりでぎゅっと押さえてテープでぐるぐる巻きにして出来るだけ小さくなるように荷造りしてくれた

今回の旅の最大のミッションはめでたく旅の初日にクリアとなり、意気揚々とホテルに帰還したのであった

だがしかし、ダブルサイズを6枚となればいくらなんでも手持ちでの帰国は無理で
スーパーマーケットで買い物がてら箱をもらっきて
ホテルから発送することにした

いかに効率よく納めるか
ホテルの部屋であれこれ畳み方を試行錯誤する
ぴったりと箱に封できたときの達成感
深夜に一人にやにやとしたのであった

このイブル
なかなか使い心地が良く
早くも色違いを買いにまたソウルに行きたいなどと思っている







[PR]

by gonnosuke117 | 2016-10-19 11:27 | でかける | Comments(0)
2016年 10月 10日
しゃしんのないがくぶち
c0090543_10331867.jpg

ソウル中心部景福宮の前からまっすぐ伸びる道路に挟まれた光化門広場

私が訪れた10月9日はハングルの日だった
光化門広場にはハングル文字を作った世宗大王の像があることもあり、様々なイベントが開かれていた

その広場の少し南
両脇に小さな建物が建っている
たくさんの写真が壁一面に飾られている
日本でも大きく報道された
セウォル号で亡くなられた人たちだ

その中の多くがまだあどけなさの残る若い人たちだが、それ以外にも様々な年代のたくさんの方が犠牲になられたことを今さら思い知らされて辛くなる

献花をして手を合わせた

幾つか写真の入っていない額縁があった
写真の代わりに
「〇〇はまだ海の中にいます」
という言葉が入っていた

胸がつぶれそうになる

向かい合わせの建物ではこの事故の原因究明と再発させないための法の整備などを訴える署名活動をされていた

大きな事故だったのに
私の中でも薄らいでいた記憶だった

けれどもまだ帰らない家族を待っているひとがいる
署名活動活動をされていた方も
「知って欲しい」
「忘れないで」
と話されていた

すぐそばではきらきらした秋空の下
楽しそうに催しに参加した人たち
けれどもここに居るご遺族にはあるときから止まってしまった時間がある

起きてしまったことは変えようもないが、私たちに出来ることは何かあるはず
署名したとき、つけてもらった黄色いリボンを大事につけて帰ってきた






[PR]

by gonnosuke117 | 2016-10-10 22:17 | おもうこと | Comments(0)