2015年 12月 08日
ついてがでてしまう
c0090543_12220992.jpg

18円切手
この存在をつい最近まで知らなかった

ハガキを海外に送る郵便料金は70円
これで世界中に届くのだからすごいものだと思うが
国内料金52円との差額分切手がこれ、というわけだ

海外に送るのだから
日本らしい図柄ということか
ラーメンとすき焼き
ミミの部分には胡椒ケースのイラストと共に
RAMEN
卵のイラストには
SUKIYAKI


クリスマスから年始にかけては海外へのグリーティングが増えるため冬に販売されるようである

この可愛さに
送るあても無いのに 買ってしまった






[PR]

# by gonnosuke117 | 2015-12-08 12:09 | もの | Comments(2)
2015年 12月 05日
しきんきょり
歩いて3分
c0090543_13325112.jpg

ローマピザのお店 IL VENTO

歩いて5分
c0090543_13325269.jpg


美味しいお惣菜あれこれ かもめ食堂


恵まれた住環境

[PR]

# by gonnosuke117 | 2015-12-05 13:28 | くらし | Comments(0)
2015年 11月 26日
おとうさんあっぱれ
c0090543_17054577.jpg

11月15日
父が亡くなった
苦しむこともなく孫2人に手を握られ、私たち夫婦に身体をさすられながら穏やかに旅立った

夫宛の封書が見つかった
6年前に書かれたそれには
葬儀のこと、のちの手続きのことなど書き留めてあり
そして棺の中に入れてほしいものが同封してあった
二十数年前に入院したときにわたしの子供達から送られた手紙と学生時代のノート
まだ小さかったころの子供達の手紙はとても可愛くて棺に入れる前にみんなで読み返して笑顔になった
物理のノートはまるで活字のように整然と文字が並んでいる
他のノートは全て処分したのだとか
父の学生時代をうかがわせるたった一冊のノート
これもみんなで開いては真面目だった父を偲んだ

思えばコツコツと努力するひとだった
そしてそれを自慢しないひとだった

歯医者にはきちんと検診に行き
入れ歯は一本もなかった

毎日書き留めていた忘備録
私の娘の結婚式に披露した謡の高砂を息子の結婚式でも必ず聞かせてほしいと言っていたのだが
入院直前にはこんなに書き込みがあった
「高砂を練習したけれど息が続かず
なんとかものになるよう努力したい」と
入院中も他の患者さんの迷惑にならないよう小声で練習していたようだ

結局高砂を披露することなく
これを流してくれと残したカセットテープに吹き込んだ自身の謡に見送られて出棺した

家のことは母に任せて仕事に一生懸命
お酒とタバコはつい最近までやめられず
そんなところも今となっては愛おしい

母が亡くなる直前に
父が母への思いを短歌に綴っていた
それも娘がそっと棺に入れた
おとうさん
むこうでおかあさんに会ったら渡すんだよ










[PR]

# by gonnosuke117 | 2015-11-26 16:36 | くらし | Comments(2)
2015年 11月 13日
ぽけっとのわすれもの
c0090543_10331307.jpg


ジャケットをクリーニングに出そうとポケットを探ったら出てきた

仁川空港の案内所で宿への行き先を尋ねたときにもらったメモだ

インクが移っているのは入ってるのに気づかず洗濯してしまったから

乗り換え駅と降りる駅が書いてある
空港に降り立ったときの高揚感を思い出す

旅に出たい





[PR]

# by gonnosuke117 | 2015-11-13 10:25 | くらし | Comments(0)
2015年 11月 12日
むらあり
c0090543_16131169.jpg

トーストのバターはざっくり塗る派

[PR]

# by gonnosuke117 | 2015-11-12 16:11 | すき | Comments(2)
2015年 11月 10日
さるのとし
c0090543_14301223.jpg

いつの間にやら11月も中旬
書道教室で来年の干支の文字など書いていると
わわたわたと過ぎてしまった今年の反省と来る年への期待とが入り混じる

残り一ヶ月半
顔を上げていこう


[PR]

# by gonnosuke117 | 2015-11-10 14:25 | くらし | Comments(0)
2015年 11月 03日
じゅっしゅうねんおめでとう
c0090543_15035012.jpg


大好きなお店の周年パーティーに伺う

ついこの間オープンされたように思うのにもう10年

揺るがないお店のコンセプト
すごいなって思う

[PR]

# by gonnosuke117 | 2015-11-03 15:00 | でかける | Comments(0)
2015年 11月 01日
さいんいり
c0090543_13420435.jpg

待ってた本が届いた

大好きな作家さんのお一人の初作品集だ

てっぺい
とだけ書かれた平仮名のサインは伸びやかで魅力に溢れている
お宝がまたひとつ増えた
[PR]

# by gonnosuke117 | 2015-11-01 13:36 | すき | Comments(0)
2015年 10月 30日
おひるをせつやくしてはなをかう
c0090543_15042764.jpg

出かけたついでに献血して
あちこちふらふら寄り道して
お昼ご飯食べそびれて
スーパーで安売りのきつねうどんを買い
外食したつもりの差額で花を買って帰る
ささやかな贅沢


[PR]

# by gonnosuke117 | 2015-10-30 14:58 | くらし | Comments(0)
2015年 10月 30日
でかした
c0090543_10022703.jpg

我が家から徒歩圏内のモンベルには
壁を登るのの練習場がある
(ちゃんとした名前忘れた)

テレビで見て興味を持ち
お友達に誘われて実体験した息子が休日にモンベルへ赴き壁を登ってきたそうな

会員になり
記念品にもらってきたのが
モンベル40周年の手ぬぐい

手ぬぐい!
テンション上がった私に「あげるよ」と
やっほう!
いいもん貰ってきてくれてありがとね
[PR]

# by gonnosuke117 | 2015-10-30 09:56 | すき | Comments(0)
2015年 10月 27日
あきがくる
c0090543_10050400.jpg

季節が変わったのを実感するとき
山形からいつものラフランス

今年はいつもにも増して大玉だ
見事なお尻である



[PR]

# by gonnosuke117 | 2015-10-27 10:02 | くらし | Comments(0)
2015年 10月 20日
ぜいたくなおけいこ
c0090543_16485213.jpg


月に一度の書道教室に行く
電車で30分足らずの距離の教室は大きな窓から海が見える絶好のロケーションだ
全て用意してくださるので手ぶらで行けるのがありがたい

お茶をいただきながら墨をする

書きたい文字を選ぶと先生がお手本を書いてくださる

書を習うというより楽しむ時間
先生は褒め上手だし

長いこと筆を持たなかった私でもそれなりに書ける気になる

文字を書くことに集中する時間はいろんなスイッチを一旦オフにできる



今日書いたのは
「藤袴」
「神無月」
そして、なぜか突然浮かんだ言葉
「焼栗」







[PR]

# by gonnosuke117 | 2015-10-20 16:35 | でかける | Comments(0)
2015年 10月 15日
かんがえこんでもはじまらない
c0090543_16422405.jpg


入院中の父に会いに行く
高齢ゆえに一旦崩した体調は戻るまでに時間がかかり
思うような回復が見られないことに不安を抱えることもあった

主治医と担当の看護師さんに直接話を聞く
父の今の状況と
今後の目標と
客観的に、けど、温かさを感じる話の内容に私の気持ちも落ち着く

わからないことがあるから不安になるんだ
何がどうなってるのか探ってみれば
どうってことなかったというケースもたくさんある


そんな私の気持ちを知ってか知らずか
父は「退院したい」との意思を初めて口にした

今のままでは退院は難しいよ
リハビリ頑張って体力つけようと話すと
俄然スイッチが入ったようで
嬉しいことである
[PR]

# by gonnosuke117 | 2015-10-15 16:20 | くらし | Comments(0)
2015年 10月 14日
かいけつさくはわかっている
c0090543_16333196.jpg


パート2も買ってしまった

写真見てはあこがれのため息をつく

物を捨てよ!
これが私の最初にすべき課題だと
認識してはいるのだ

今度こそやらねば


[PR]

# by gonnosuke117 | 2015-10-14 16:29 | おもうこと | Comments(0)
2015年 10月 08日
あきのよながに
c0090543_22361269.jpg

残業続きの息子が7時過ぎに帰宅
こんなことは滅多にないと
ワインも開けて
ゆるゆる晩御飯食べて
お茶飲んで

いい夜だ

[PR]

# by gonnosuke117 | 2015-10-08 22:33 | くらし | Comments(0)
2015年 10月 07日
たんばとうじ
c0090543_11265879.jpg



朝、叔母から電話が入る
実家のご近所の方が亡くなられたと
いとこが香典を届けてくれるとのことだったが
両親がとてもお世話になった方であり、仕事の段取りをつけてご葬儀に駆けつけた

私のふるさとからは冬の農閑期に出稼ぎに灘に日本酒造りに行く人たちがおられた
丹波杜氏と呼ばれたその集団は灘の酒造りを支えたと言われている

その方も17歳から酒造りに関わられ真摯にお仕事をされ、最後にはその方の名前をだけでお酒が売れるような腕の良い杜氏さんだったと父から聞かされた

父と母からの思いも込めて心いっぱいの感謝の気持ちで手を合わせた


先日たまたま撮った画像には
杜氏されていた酒蔵の辺りも見える




[PR]

# by gonnosuke117 | 2015-10-07 10:16 | おもうこと | Comments(0)
2015年 09月 25日
えをかくように
c0090543_11055259.jpg

週に一度野菜を配達してくれるやむさいくん

用意したカゴやザルに綺麗に野菜を並べてくれる
野菜たちはさらに健やかに美味しそうに見える

大切に育てられた野菜たちを慈しむ気持ちが伝わるようだ
やさしいひと


[PR]

# by gonnosuke117 | 2015-09-25 10:59 | くらし | Comments(0)
2015年 09月 21日
はんとし
c0090543_18071507.jpg

今日9月21日は母の月命日である
半年前の今日父に見守られながら旅立った

病気が見つかってから2年とちょっと
そのほとんどを病院で過ごすことになる
少しずつ衰えていった最後の1年は私たちの別れの準備ための時間を母がくれたように思う

告別式と
その後に続く法要と
そして一人残された父のこと
寂しさに浸るいとまはなかった

一人っ子の私を案じて家族だけでなく叔父や叔母、いとこたちのサポートのおかけでなんとか様々な課題をこなせた

半年経った今でもまだ実感はない
ようやく少し泣けるようになった

告別式の日に名残り雪が舞った庭ももう秋の気配である

申し訳ありませんがこの記事へのコメントはご辞退させてください



[PR]

# by gonnosuke117 | 2015-09-21 17:51 | おもうこと
2015年 09月 19日
ごくいをでんじゅしてさしあげよう
我が家の主たる選択担当者は夫である
自主的に就任して数年(偉い!)
さすがに段取り良くなってきたが
彼が干したものと私が干したものは未だに一目瞭然
どことなくシワっぽいのだ

荒っぽい干し方をしているようでもないのにどうしてなのか不思議だったが
先日ようやくその理由が判明

私は干す前にバサバサと振りさばく
彼はしない
たったこれだけの差

手で伸ばしただけではこうはならない

私は無意識にやっているから今まで気づかなかったのか

このバサバサ振りさばくというひと手間
ことにタオルにはふんわり干し上がるというおまけもあり

彼がこの技を身につけたならば選択担当者の地位はさらに確固たるものになるだろう

[PR]

# by gonnosuke117 | 2015-09-19 08:43 | くらし | Comments(0)
2015年 09月 17日
またいちねんありがとう
c0090543_18501549.jpg

もう何年目になるだろう
娘からの雑誌の定期購読のプレゼント

2カ月に一度発売日の前日に届く
そわそわとポストを開けるのは恒例行事だ

なんやかやで今年はしばらく間が空いたけどまたプレゼントしてくれた
ありがとう

定期購読のおまけのリネンのクウネル君は今回も可愛いのだった

[PR]

# by gonnosuke117 | 2015-09-17 18:43 | くらし | Comments(0)
2015年 09月 16日
とっさのこたえ
c0090543_08330510.jpg


息子が中学生の頃ラジオに出た
出たと言っても電話でちょこっと受け応えしただけなのだが
その中でDJの方から
「好きな味噌汁の具は?」と尋ねられた息子の答えが
「なめこ」

遡ること10年
幼稚園の父親参観日にフルーツバスケットをしており
野菜の名前を言いましょうというときに
息子が言ったのが
「小松菜」


さらに遡ること4年
娘が3歳の頃
ちびっこファッションショーに出る機会があり
インタビューで好きな食べ物を聞かれた娘の答え
「切り干し大根の炊いたんとふりかけごはん」

ハンバーグやらスパゲッティやら
いわゆるお子様メニューをあまり作ってこなかった我が家
当然と言えば当然の答えなのだが

なめこや小松菜や切り干し大根を見ると時々思い出すエピソードだ

[PR]

# by gonnosuke117 | 2015-09-16 08:18 | くらし | Comments(2)
2015年 09月 10日
さぶめっこ
c0090543_09323575.jpg

サブメッコってなに?

先日この企画展が神戸で開催されると知った
関わっておられるのが
その人柄、センス共に大好きなひとと知り
これは絶対見てみたいと思っていた
最終日にようやく滑り込めた

北海道にお住まいのskylark kakakoさんが作られる大漁旗を使った洋服やバッグは
とても楽しい


カラフルで大柄の大漁旗切り取る場所で印象がガラリと変わる
マリメッコのようだというところから
サブメッコと名付けられたみたい

あれこれ迷って
マイファーストサブメッコはシンプルはポーチ


[PR]

# by gonnosuke117 | 2015-09-10 09:19 | ぬの | Comments(0)
2015年 09月 03日
やっぱりはずせない
c0090543_12233254.jpg


紙ものは海外に行くとついつい手を出してしまう

ソウルではダイソーが急増中
白い封筒はそちらで購入
郵便番号入りの封筒とかたまらんね
右下のは現金封筒と言って日本での熨斗袋にあたるもののよう
どれもガンガン使える枚数がありがたい

ハングル文字の封筒は
仁寺洞の紙屋さんで買った
こちらはちょっととっておき用ですな




[PR]

# by gonnosuke117 | 2015-09-03 12:16 | すき | Comments(0)
2015年 09月 03日
なぜここに
c0090543_11350545.jpg


たまたま入った無印良品のレジ横で見つけた小さなハンカチはミナペルホネンの皆川さんのイラストを刺繍したもの

25センチというありそうでないサイズ
可愛くて使いやすそうなので買ってみる


あとで知ったことだが、これは無印良品の製品を作る過程で生じたハギレやキズのあったものにデザインのちからであらたな価値を付加し蘇らせたというもののようだ
今年6月に期間限定、数量限定、店舗も限定で販売されたらしい
それがなぜ今頃、すぐ近くの店舗にあったのだろうね

能書きや希少性を買い物の主たる動機にするのはやめようと思ってはいるけれど
このラッキーな出来事はやはり嬉しかったりするのである





[PR]

# by gonnosuke117 | 2015-09-03 10:49 | もの | Comments(0)
2015年 08月 31日
たびのきねん
c0090543_19260354.jpg

仁寺洞の民藝舎廊(ミネサラン)は選び抜かれたアンティークのお店

時代を経たものたちはとても素敵で
眺めていると時間を忘れそうだ

オーナーのお嬢さんは日本への留学経験もあり堪能な日本語で対応してくださるので安心だ


少しだけ今のものもあって
c0090543_17440399.jpg

コースターくらいの小さなチョガッポは古い絹を使って丁寧に縫われたもの

じっくり一枚を選ぶ
無いときもあるそうだが今回は数枚あって良かった
それぞれ可愛くて悩む

でも、どれだけ迷っても一枚だけ

一枚ずつ増えていく旅の記念はこれで3枚目









[PR]

# by gonnosuke117 | 2015-08-31 19:22 | ぬの | Comments(0)
2015年 08月 29日
かんがさえるとき
ふと小さな路地に入ってみる
もう少し先まで歩いてみる
理由は無いのだがそうしたくなるときがある
すると思いがけないスポットを見つけることが何度かあった

今回のソウルでも
c0090543_22394262.jpg

ちょっと行ってみようと入った路地に可愛い猫がいてついカメラを向ける
その隣のシンプルな看板は香りのお店のものだった
スラリとした男性が製作、販売しているそうだ
お香、キャンドル、サシェ、ボディミスト
どれも上質の自然な香りだ

ボディミストをあれこれかいでみたけれど
彼が私にスプレーしてくれたものが一番好み

それは数時間後ソウルを離れるときにもまだかすかに香っており
ソウルへの名残り惜しさを増幅したものだ



さて
この私の勘が冴えるのは
どうやら
美味しいものやら穴場スポットの発見あたりに限られており
日常生活にはあまり役立たないことばかりで至極残念である


[PR]

# by gonnosuke117 | 2015-08-29 18:59 | でかける | Comments(2)
2015年 08月 27日
げすとはうすはつたいけん
ソウルでの宿泊先を選ぶとき
私の重要ポイントは地下鉄へのアクセスが良いこと

今回は
古い民家を改築したゲストハウスにした

アクセスの良さに加えて
外国人からの評価が高かったことも決め手になった

仁川空港から電車に乗り
一回の乗り換え
駅出口を出て歩く
道順はゲストハウスからの地図でシミュレーション済みだったが
予想以上に細い路地に入る

まだ明るい時間だし間違っててもなんとか辿りつけるでしょうとのんびり構えながらいたら
角っこにゲストハウスの小さな看板が

c0090543_19524219.jpg


この先にゲストハウス

着いた!
c0090543_19524299.jpg


築百年の民家を改築したらしい
なんともいい感じだ

c0090543_19524349.jpg

掃除の行き届いた部屋
ベッドではなくマットレス
部屋の奥にシャワーブースとトイレ

はっきり言って部屋は狭いし、ホテルのような設備はない

だが
出迎えてくれたゲストハウスの青年はとても親切だったし
朝ごはんは台所に行き、自分でご飯をよそう
そのまま台所でも、自分の部屋でも
中庭で他の宿泊客と食べてもよし
食器は各自洗うというやり方はとても新鮮で楽しい

朝ごはんのときに会ったのは
ロンドン在住のカナダ人の男性
これからバスで南部の山に行くのだとか
一旦ソウルに戻り次には2週間東京へ
長いお休みが羨ましいなあ

別の部屋の女性は部屋のドアを開け放ち
私たちを見つけると
good morning!とにっこり
旅慣れてる感じだ

さて、最初に書いたように
重要ポイントのアクセスの良さ
ここは駅だけでなく仁寺洞やら、明洞あちこちへ徒歩でも行ける場所にある
疲れたら一旦帰って一休みってこともできる立地の良さなのだ

この次ソウルに来るときにも
宿泊先の有力候補になりそうだ



[PR]

# by gonnosuke117 | 2015-08-27 19:20 | でかける | Comments(2)
2015年 08月 26日
さんねんぶり
c0090543_12303299.jpg

ソウルへ。
東京からやってくる娘とは現地集合、現地解散

夫と子どもたちとそれぞれの両親と訪れたのが初ソウル
もう20年になるんだなあ
あれから何度ソウルへ行っただろう
行くたびに好きになる街




[PR]

# by gonnosuke117 | 2015-08-26 12:21 | でかける | Comments(0)
2015年 08月 24日
つぎのたびのばいぶる
c0090543_14204059.jpg

この本、韓国の達人に教えてもらったんだから間違いない
しかも著者は私に近い年代の女性なのでさらに間違いない

このうち一軒は既に訪問済み

[PR]

# by gonnosuke117 | 2015-08-24 14:16 | でかける | Comments(2)
2015年 08月 23日
あしこしつよくないとね
c0090543_17003998.jpg

新長田の立ち飲み屋さんに連れてってもらった

朝9時から開いてるって

カウンターやショーケースに並んだおかずは見ているだけでワクワクする
お酒も冷蔵庫から自分で持ってくる

お店のおばさんが感じよくて
そのせいかお客さんもみんな感じよくて

かわいい女子2人と
タラタラ食べて飲んで
1人あたり野口さんと少しばかりの小銭がお会計



60歳近くなって立ち飲み屋の面白さを知る
なんて素敵な人生だ


[PR]

# by gonnosuke117 | 2015-08-23 16:54 | でかける | Comments(2)