2013年 11月 23日
めとろにめろめろ
パリ市内の移動にはもっぱらメトロを利用した
ホテルがメトロの駅の目の前ということもあったが
通路の古びた感じとか
車体も可愛くて乗り換えも苦にならない

c0090543_135562.jpg



メトロの改札入り口
バーの向こうにさらに扉の二重体制
c0090543_13551054.jpg


なのに
出口は改札もなくドア一枚
c0090543_13551383.jpg



車両のドアは乗降客がスイッチを入れて開けるようになっており
四角いボタンのもあったがこのレバーのが一番可愛かった
c0090543_13551927.jpg

駅に着くとレバーをくるりと上に回転させる
そうするとドアが開く仕組み
ただしこのタイプ、開け方には若干のコツが要るようで一度目はうまくいかず横のマダムが開けてくれた
電車が完全停止する前でもドアが開くのには驚き

日本とはあれこれ違うところもまた楽しくてメトロの階段を降りるたびわくわくしたのであった
[PR]

# by gonnosuke117 | 2013-11-23 13:37 | でかける | Comments(0)
2013年 11月 23日
あしをのばして つづき
さていよいよモエのカーヴ見学
歴史のある場所だけにナポレオンが来た部屋とか
c0090543_12285229.jpg


オレンジを育てるための温室だとか
c0090543_12285616.jpg


すごい建物だった
しかし地下はさらにすごかった

c0090543_12285934.jpg

暗い通路を辿る
石灰岩をくり抜いて作られたカーヴの壁面はしっとりとしている

総延長28kmにも及ぶカーヴには

c0090543_1229284.jpg

熟成を静かに待っている瓶、瓶、瓶…


c0090543_1229533.jpg

この両側には木のラックに斜めに立てかけられた瓶がビッシリ
毎日一本一本手で少しずつ回転させてオリを集めるのだそうだ
これを機械化すればもっと短時間で終えられるが結果は全く違うと
いいものを作るためには決して妥協しないのがやはりモエの姿勢



c0090543_1229977.jpg

壁には青カビが
このゾーンはとても良い香りがした


c0090543_12291240.jpg

モエのソムリエによって注がれるヴィンテージのシャンパンは2004年のもの
とてもいい年と聞いた
c0090543_12291514.jpg

c0090543_1229186.jpg


美しい
そして美味しい

実はこの見学ツアーは英語のコース
いろんな言語のツアーが用意されているが日本語のツアーとはタイミングが合わずやむなくこちらに参加したのだった
けど、ラッキーなことにガイドは日本人の女性の方であり
ゆっくり話してくださった上にさりげなく日本語で補足も加える心配りが嬉しかった
ともかくモエのことをわかっていただきたいのでとのこと

このツアーに参加したのは英語圏から来られたらしい三人と私たちを含む日本人四人
ご一緒した日本人女性がワインに詳しいようで熱心に質問されたおかけでさらによくわかった
外人のうちお二人はハネムーンなのか解説そっちのけでイチャイチャするばかりw
テイスティングもそこそこに立ち去ってしまわれた
おかけで私たち日本人はじっくりシャンパンを味わいながら日本語でお話を聞かせてもらえた
それによれば

ワインのオリは酸素を取ってくれる
つまりは酸化から守ってくれているものであること
モエでは今飲んでいただきたいというタイミングで出荷している
オリが取り除かれたシャンパンは守ってくれるものが無くなってしまっている訳だから
とてもデリケートで管理が難しい
一般家庭では寝かせたりしようなどと思わず手に入れたら速やかに飲むのが良い

シャンパンは食前酒のイメージだが
合わせ方によってはお料理の最後まで楽しめるもの
迎賓館では専属のシェフが実際に料理を出してモエとの合わせ方を提案する場合もあり
日本のホテルやレストラン関係の熱心な方が勉強に来られるようだ
もちろん迎賓館に招かれるのは特別なお客様のみ
私たちは日本でそちらで学ばれた方のお料理とモエを味わうチャンスを待つしかないのだが



ワインについてよく知らず
ましてやあのドンペリがモエによるものということを今回初めて知ったような素人だったのだけれど
モエのこだわりと誇りはさすが世界最高と言われるに相応しいもの
あのお値段にも納得だわ


エペルネへはパリから1時ちょっと
足を延ばす価値は十分にあり
[PR]

# by gonnosuke117 | 2013-11-23 11:22 | でかける | Comments(0)
2013年 11月 23日
あしをのばして
早朝パリ東駅に向かう
列車でシャンパーニュ方面への日帰りプチトリップだ
駅窓口でエペルネ行きのチケットを買おうとしたら
「エペルネ駅は幾つかあるがどれなんだ?」と
予想外の言葉に二人慌てる
「ここに行きたいの」
と地図を見せるも
「わからない。どの駅にするかは君たちが選んで、それからもう一度おいで」と言う

結局埒が明かないのでインフォメーションへ行くと違う切符売り場を案内され
行ってみればすんなりエペルネ行きのチケットが買えた
幾つかあるエペルネ駅って結局なんだったんだろ

何はともあれ列車に乗り込み
c0090543_4435984.jpg


1時間ちょっとでエペルネに到着
c0090543_444883.jpg


駅から歩いて数分
本日のまずの目的地が見える
シャンパンの最高峰
あのモエのカーヴ、つまりワイン貯蔵庫である
c0090543_4442067.jpg


ホテルのフロントの様なカウンターで受付
カーヴの見学には事前に予約が必要であり
こちらで名前をいってどのコースかを選ぶ
コースの違いは見学後のシャンパンの違い
私たちは清水の舞台から飛び降りたつもりで最高クラスを選んだ
ヴィンテージの白とロゼが飲めるというもの

c0090543_4442930.jpg

プラチナチケットを手に
いざカーヴの中へ

…続く
[PR]

# by gonnosuke117 | 2013-11-23 01:37 | でかける | Comments(2)
2013年 11月 21日
さいふのひもがゆるむしゅんかん
c0090543_12112212.jpg


デンマークは税金の関係か物価が高い
旅の後半はパリということもあり
お買い物はかなり慎重になっていた

この範囲にまで手を出してはいかん
と思っていた北欧の陶器はやはり私の好みであり
見つけてしまったヴィンテージのお店にはリーズナブルでしかも状態の良いうつわたちが並んでおり
つい…

ただしこのうち私のお買い物は2点のみ
よく踏ん張った
偉いぞわたし

[PR]

# by gonnosuke117 | 2013-11-21 12:03 | すき | Comments(0)
2013年 11月 21日
あぱーとめんとほてる
娘に誘われてのヨーロッパへの旅
おばあちゃんのお世話で頑張ったご褒美だよと
すべて彼女がセッティングしてくれた
残念ながら夫は仕事休めずで私だけ
ごめんね

飛行機を乗り継ぎ乗り継ぎやってきたコペンハーゲンでの宿はアパートメントタイプ


ここが入り口

c0090543_122112.jpg


ドアを開けたらこんな感じ
この辺りから完璧に私の好みでワクワクしてしまう


c0090543_1221270.jpg


部屋のドアと間違えそうな濃紺のドアを開けてエレベーターに乗る
ドアに部屋番号のプレートがある部屋がホテルの部分
プレートがない部屋は普通の住居のようである

部屋は広々
すっきりとシンプルで使い勝手が良くとてもくつろげる




c0090543_122581.jpg


c0090543_122843.jpg


c0090543_1221053.jpg


c0090543_1215774.jpg


c0090543_122479.jpg



コペンハーゲン中央駅から徒歩10分足らず
街の中心街ストロイエや、深夜まで開いているスーパーまでもそれぞれ徒歩数分の立地に加えこの環境だ
この部屋に住んでいるかのような錯覚に陥るほどの快適さで長旅の疲れも癒されたのであった

二泊では足りない
もっといたかったなあ
[PR]

# by gonnosuke117 | 2013-11-21 11:16 | でかける | Comments(0)
2013年 11月 16日
おでむかえ
c0090543_8563725.jpg


片づけが苦手なのは認めざるをえないところ

玄関のドアを開けた真正面の小さなスペース
せめてここだけでも整えておこうというのが私の小さな目標

ハクトヤさんでの企画展で求めた三田市のフボーさんのドライフラワーが今の主役
[PR]

# by gonnosuke117 | 2013-11-16 08:49 | くらし | Comments(0)
2013年 11月 09日
いろうかい
c0090543_9495282.jpg


↑何度試みても画像が90°回転してアップされるのはなぜ?


久しぶりにおうち食堂さんにお邪魔した

とてもがんばった人へのねぎらいの席
彼女の好みを考えたらこちらが一番ふさわしいと思われ
たった二人だけど厚かましくお願いした

おうち食堂さんならではの素材を活かしながらの絶妙の取り合わせに今回も舌を巻いたのだった
[PR]

# by gonnosuke117 | 2013-11-09 09:46 | Comments(2)
2013年 10月 20日
ゆらりゆらり
c0090543_9124159.jpg


リュックサックマーケットでご一緒するマツモトさんに小さな本立てをお願いしていた

今手元に置いておきたい数冊だけちょこっと置いて置けるものをと

さすがマツモトさん
ただの本立てではなかった
底面がカーブしており
本の重みをうまく利用して本立てを傾かせる
薄い雑誌でも倒れない優れもの

今は旅の本が多いね
いつか行けるといいなと空想の旅を繰り返す私の気持ちを映すように
本を出し入れする度楽しげに揺れている
[PR]

# by gonnosuke117 | 2013-10-20 09:01 | もの | Comments(0)
2013年 10月 10日
たびへのいざない
c0090543_1048959.jpg

娘から本が送られてきた
いつものスッカラに
フランス鉄道の旅
ことりっぶ 北欧
そしてこれ

娘が設定してくれた
携帯の着信音は
電話ならエアプサンのテーマソング
メールならパリの駅アナウンス
しかもメール開くときのは仁川空港の遅延案内のアナウンスときた

母の入院以来その世話に追われている私へのご褒美に旅に行こうと誘ってくれてはいるけれど
たかだか4ヶ月ほどのことで
たいしたこともしてないし
母を置いて私だけ出かけて良いのか気が咎めるところもあって
なかなかテンションの上がらない私への娘からの優しいアプローチ

その甲斐あってか
母の状態による波はあれど
旅への高揚感は徐々にあがってきており

実際に旅立てることを目標に
頑張ろうと思えるエネルギーにもなってきている
[PR]

# by gonnosuke117 | 2013-10-10 10:33 | くらし | Comments(2)
2013年 10月 01日
ますてでゆめをみる
c0090543_23201027.jpg


ぴゅーんってひこうきにのって
ほくおうにいこう
[PR]

# by gonnosuke117 | 2013-10-01 23:16 | おもうこと | Comments(4)
2013年 09月 28日
いつのまにかきせつもかわり
c0090543_13342890.jpg


母の入院は六月のことだった
二度の手術に耐え、よくがんばってくれた

母の入院生活もようやく終わりを迎えられそうだ

今年母は夏のないまま
丹波はもうすっかり秋である
[PR]

# by gonnosuke117 | 2013-09-28 13:28 | おもうこと | Comments(0)
2013年 09月 27日
ふたりよう
c0090543_1011458.jpg



娘が
お父さんと使ってねとプレゼントしてくれた
スウェーデンのヴィンテージのカトラリー


うつわやカトラリー類を求めるとき
これまでは4客揃えていた
もうそろそろ子供たちの分は考えなくていいんだな

子どもとの住まいが一緒でも別々でも
夫との暮らしを充実させることが一番の子孝行なのだと思う
[PR]

# by gonnosuke117 | 2013-09-27 09:57 | おもうこと | Comments(0)
2013年 09月 25日
うつわがえ
c0090543_11143931.jpg



衣替えならぬうつわ替え

出西のまんじゅう蒸し器を出してくるとふかし芋が食べたくなる
[PR]

# by gonnosuke117 | 2013-09-25 11:04 | くらし | Comments(0)
2013年 09月 20日
あしたはりゅっくさっくまーけっと
c0090543_9204619.jpg

行かねばならないようにして通っていたのに
ずうっと行けてない
さみしい
[PR]

# by gonnosuke117 | 2013-09-20 09:18 | くらし | Comments(2)
2013年 09月 14日
ぼーだーのぼーだーらいん
c0090543_710151.jpg


もうアラカンだけど
まだ着てもいいよね
[PR]

# by gonnosuke117 | 2013-09-14 07:07 | くらし | Comments(2)
2013年 09月 09日
このままではのめない
c0090543_17402694.jpg


水にいりことコンブを入れて冷蔵庫へ
翌朝のお味噌汁に使うのにちょうどいい量なのだ
びっくり返しても大丈夫なようにこの容器にしたが
最初コンブが膨らむことを計算に入れてなくて取り出すのにえらく苦労したw
[PR]

# by gonnosuke117 | 2013-09-09 17:37 | うちごはん | Comments(2)
2013年 09月 02日
まほうのくつ
c0090543_1715197.jpg


お気に入りのゴム靴
私がこれを履いて外を歩くと
不思議と雨にあわない

屋内にいたり
電車で移動しているときにはザザーッと降るんだけど

役に立ってるような立ってないような
[PR]

# by gonnosuke117 | 2013-09-02 17:09 | もの | Comments(0)
2013年 09月 01日
とりものがたりはなものがたり
c0090543_22584766.jpg


昭和4年の発行
花物語の著者は牧野富太郎


見つけたのは神戸元町の海文堂書店だ

こたらもうすぐ閉店と聞いている
神戸らしいお店がまたひとつ減ってしまう
[PR]

# by gonnosuke117 | 2013-09-01 22:49 | くらし | Comments(0)
2013年 08月 27日
おいしいがおなじ
c0090543_2303964.jpg

友人から届いた箱には
いろいろ美味しそうなものがいっぱい
しかも食べたことないものばっかり

美味しいの基準は人それぞれ
美味しいと思うものが似ている人からいただくものには間違いがない
彼女もそんな一人

さてどれからいただこうか
どの飲み物と合わせようか
ずらりと棚に並べて楽しい思案は続く
[PR]

# by gonnosuke117 | 2013-08-27 22:54 | おいしい | Comments(0)
2013年 08月 25日
とおくのしんるいより
c0090543_2127379.jpg


晩御飯の支度をしていたら
しばらくぶりの友人からの電話
開口一番
「お風呂入りに来ない? 」
?
思いがけない言葉にびっくり

どうやら今日の激しい雨で私の住まい辺りの水道管が損傷し、かなりの家庭で断水しているとテレビが報じでいたのだそう

ならばこの季節きっと困っていることだろうとすぐ連絡をくれたのだった

呑気に晩御飯をしている位だから
幸いなことに我が家は断水していなかったのだけれど
とにもかくにも嬉しい電話であった

人に恵まれていることは私の数少ない自慢のひとつなのである
[PR]

# by gonnosuke117 | 2013-08-25 21:15 | おもうこと | Comments(0)
2013年 08月 16日
いきをぬくこと
c0090543_11314486.jpg


母が入院してから二ヶ月あまりになる
母にも私たちにも大きな試練だ

それはそれは大きな山ではあるけれど
治る希望を持つのを許されたことは本当に幸いであったと思う

とはいえ
日々の病院通いは
少しずつ疲弊をよぶ


合間を縫っての仕事は
時間のやりくりに苦心はしたけれど
私にとってはいい切り換えになったし

昨日は久しぶりに栄町に出かけてゆっくりお昼ご飯を食べて
大好きなお店を覗いたら気持ちがスッキリとした

こういうときは遠慮しない方がいいと思って
と、いろんなお誘いをしてくれる友人の存在は今まで以上にしみじみと有難く心強い
一緒に食べたピザの味は忘れられない


「息抜き」
うまい表現だなあ
いっときそこから離れることは
ゴールまで走り続けるために絶対必要
[PR]

# by gonnosuke117 | 2013-08-16 10:24 | おもうこと | Comments(2)
2013年 08月 10日
すっかりわすれてたんだけど 7がつこうはんのおべんとう
c0090543_9193870.jpg


息子が長期出張に行ったのでお弁当を作らなくなった

ひまσ(^_^;)
[PR]

# by gonnosuke117 | 2013-08-10 09:17 | おべんとう | Comments(0)
2013年 08月 05日
おばさんのあかし?
c0090543_14463067.jpg


徳島のスーパーでキュウリを買った
こちらではあまり見かけない白くて長いもの

そこにしかないものに弱い
なのですぐ買う

私よりは少し若いレジの女性に食べ方をたずねてみる
酢の物かしらというお返事

代金を払って行こうとしたら
店員さんが
「お客様に教えてもらったのだけれど
きゅうりの酢の物に鯖の味噌煮缶を入れると美味しくて何度も作っているんです」と
「あら!美味しそう。では早速やってみます」
「ぜひぜひ」
「ありがとう」
一連の会話が楽しくてウキウキとお店を出る

わりと気軽に人にものをたずねる
若いころには考えられなかったこと

厚かましさに裏打ちされたおばさんの情報収集法はなかなかいいものなのだ
[PR]

# by gonnosuke117 | 2013-08-05 14:34 | くらし | Comments(3)
2013年 07月 25日
いまうらしま
c0090543_1552227.jpg

12年乗った車についにさよならした
鍵のリモコンも壊れておりキーを差し込みながらドアを開けていたのに

今は鍵をバッグから出さなくてもドアは開くわ
エンジンはかかるわ
鍵穴自体がないのだものねえ

ライトもワイパーも必要に応じて勝手に動く

iPhoneについてたBluetoothていう機能も初めて活きた

携帯持たずに乗ると
「携帯電話を忘れていませんか」
とまで言ってくれる

あまりに楽チンで
まだどことなく落ち着かないのである
[PR]

# by gonnosuke117 | 2013-07-25 15:41 | くらし | Comments(2)
2013年 07月 24日
おおばおおば
c0090543_892414.jpg

篠山の味土里館で買った大葉は一束百円
一束といえど枝付きのままの束
葉を外したら大きなボウルにいっぱいあった

さてさてどう使う?

ニンニク、オリーブオイル、塩とで適当に作った大葉ペースト

ワタナベマキさんのレシピをもとに作った大葉ソース
酢、オイル、塩と合わせる

こういうのが冷蔵庫にあると俄然ご飯作るのが楽しくなる
[PR]

# by gonnosuke117 | 2013-07-24 08:03 | おいしい | Comments(0)
2013年 07月 16日
しちがつぜんはんのおべんとう
c0090543_7304018.jpg


六回しか作ってなかったのね…>_<…
[PR]

# by gonnosuke117 | 2013-07-16 07:24 | おべんとう | Comments(0)
2013年 07月 04日
みどりのちから
c0090543_11135938.jpg

慌ただしく過ごしたこの一ヶ月

ふらりとフボーさんに立ち寄り
鉢植えを一つ買った

オーストラリアからやってきたものらしい
厳しい環境でもたくましく育つと

いそいそとハンドルを握る
小さな買い物だけれど
気持ちを切り替えるには十分
[PR]

# by gonnosuke117 | 2013-07-04 11:03 | くらし | Comments(6)
2013年 07月 02日
ろくがつこうはんのおべんとう
c0090543_1205416.jpg


月末かなりサボった
ごめんなさい

焼き飯は私のためのお弁当
[PR]

# by gonnosuke117 | 2013-07-02 11:58 | おべんとう | Comments(0)
2013年 06月 28日
なつのおみそしる
c0090543_847692.jpg


熟れ切ったトマトがあったので
お味噌汁に入れてみた
ザクザク切ってオクラと共に火を止めてからお鍋に
オリーブオイルをタラッと

冷ましてからいただく

ちょっと冒険かなって思ったけど
トマトのスープの味付けがお味噌だと考えればいいわけで

今度は冷蔵庫できりりと冷やして食してみよう
[PR]

# by gonnosuke117 | 2013-06-28 08:41 | うちごはん | Comments(0)
2013年 06月 21日
まいぞうきん
夫がまたサントリーの懸賞に当選した
暴れん坊将軍とのコラボキャンペーンの米蔵金とやらいうのの
米コースはお米が
蔵コースはお味噌が
そして金コースは電子マネーが当たる

届いたのは小さな包みだった
そう、金コースにご当選
ありがたや

しかし
分け前に預かれるかどうかはまだわからないのでぬか喜びはやめとこう


c0090543_2114286.jpg

[PR]

# by gonnosuke117 | 2013-06-21 21:08 | くらし | Comments(2)