タグ:おもうこと ( 166 ) タグの人気記事

2017年 06月 19日
こどものせなか
c0090543_09290830.jpg

娘の転勤が決まった
出張で何度か訪れたことがあるとは言え
初めての海外暮らし、しかも単身赴任である


社内公募にチャレンジした結果のことなので嬉しい気持ちと、並々ならぬ意欲と、そしてあれこれのドキドキと様々な思いがないまぜになっていることだろう

これまでに彼女がしてきた何度かの大きな決断
そんなとき親は見ていてやるだけしかできないとも思う

腕の中にいた子が、少しずつ親の元を離れ自分の足で歩き始めたら
もう、その進む道を信じ
背中に手を当て
「あなたが強く望むなら、きっと大丈夫。やってごらん」
と言うのみ

かつては
転ばぬように
辛い思いをしないように
と願ったこともあったけれど
本当に望むものは、それが大きければ大きいほどリスクを覚悟しないと手に入らない

パートナーや
職場の方や
お友達や
たくさんの人たちへの感謝を胸に刻んで、来月早々ロンドンに向け飛び立つ

きっと大丈夫
あなたなら
出来る
いってらっしゃい



[PR]

by gonnosuke117 | 2017-06-19 09:11 | おもうこと | Comments(0)
2017年 03月 21日
にねん
c0090543_18191580.jpg


今日は母の命日

病気が見つかってからというもの、2度の手術、7回の入院と渦の中に放り込まれたような日々だったが
最後の半年余りは穏やかに過ごせたこと、娘の結婚の報告を聞かせてやれたことがせめてもの救いである

父親にたいそう可愛がられて育ったそうだ
なので何かにつけ、お嬢さん育ちと言われた
けれども、あれこれと起きる出来事にたいした泣き言も言わず乗り切った

いい意味で負けん気の強い、けれどもおっとりと優しい人だった
私はずうっとそれに甘えて過ごしてきたなと今さらに申し訳なく思う

いつか会うときに
少しは成長したねと言われるように暮らしたい




[PR]

by gonnosuke117 | 2017-03-21 18:08 | くらし | Comments(0)
2017年 02月 16日
かんれきのとし
c0090543_17262618.jpg



なんと前の投稿から3か月近くも過ぎてしまった。
こんなブログを読んでくださる方がいらっしゃるのだろうかと思いつつ忘備録として書き留める

今日は夫の誕生日
還暦を迎えた
誕生日は毎年やってくるのに、60代突入と言うのは何やらひどく歳を取ったような気になるらしく
あまりうれしそうではなかったように見えた

3か月後には私も還暦を迎えるのだが、そのときになってみれば同じように思うのだろうか

先日娘から大きな報告が舞い込み
私は彼女の頑張りの成果を大いに喜び、少々舞い上がり気味である
そのおかげで、還暦の歳は今まで以上にあちこち行ける歳の始まりになりそうだと
ただただワクワクしているのだが 
[PR]

by gonnosuke117 | 2017-02-16 17:25 | くらし | Comments(2)
2016年 10月 10日
しゃしんのないがくぶち
c0090543_10331867.jpg

ソウル中心部景福宮の前からまっすぐ伸びる道路に挟まれた光化門広場

私が訪れた10月9日はハングルの日だった
光化門広場にはハングル文字を作った世宗大王の像があることもあり、様々なイベントが開かれていた

その広場の少し南
両脇に小さな建物が建っている
たくさんの写真が壁一面に飾られている
日本でも大きく報道された
セウォル号で亡くなられた人たちだ

その中の多くがまだあどけなさの残る若い人たちだが、それ以外にも様々な年代のたくさんの方が犠牲になられたことを今さら思い知らされて辛くなる

献花をして手を合わせた

幾つか写真の入っていない額縁があった
写真の代わりに
「〇〇はまだ海の中にいます」
という言葉が入っていた

胸がつぶれそうになる

向かい合わせの建物ではこの事故の原因究明と再発させないための法の整備などを訴える署名活動をされていた

大きな事故だったのに
私の中でも薄らいでいた記憶だった

けれどもまだ帰らない家族を待っているひとがいる
署名活動活動をされていた方も
「知って欲しい」
「忘れないで」
と話されていた

すぐそばではきらきらした秋空の下
楽しそうに催しに参加した人たち
けれどもここに居るご遺族にはあるときから止まってしまった時間がある

起きてしまったことは変えようもないが、私たちに出来ることは何かあるはず
署名したとき、つけてもらった黄色いリボンを大事につけて帰ってきた






[PR]

by gonnosuke117 | 2016-10-10 22:17 | おもうこと | Comments(0)
2016年 08月 25日
おせっかい
c0090543_16095145.jpg


銀行用事に出かけたときのこと
タクシーから年配の男性が運転手に抱えられるようにして降りてこられた
しばらくして見ると1人歩道に立ったまま

どうにも気になり引き返す
声をかけてみるとタバコを買いたいとのこと
道路の反対側の自販機まで身体を支えながら付き添う
ご病気なのか足がスムーズに前に出ない
「このあとはコーヒーを飲みに行く
自分で行けるから大丈夫」と言われるがどうにも気がかりで
ご一緒しますと喫茶店まで

どうやらそちらの常連さんだったようで
お店の方に「勝手に来るから大丈夫だよ」と言われ
普段からお一人で出かけておられるのだとわかる
手を添えたのは余計なお世話だったのだろうに嫌がらずつきあってくださったのは男性の方だったかもしれない

体格がどことなく父に似ておられた
ああそうか
もう父には何もしてやれないのだなと思うと涙が出てきた
帽子を目深に被って歩いた



[PR]

by gonnosuke117 | 2016-08-25 15:57 | くらし | Comments(0)
2016年 07月 06日
なつがきた
c0090543_16490085.jpg


7月になったばかりだというのに連日の30度超え

暑いながらも窓を開け放っているとご褒美のように風が入ってくる
電車の音や船の汽笛、鳥のさえずりや虫の声、冷房のために窓を閉めたらそういったものからも遠くなりそうで
クーラーをつける決心がつかないまま日々過ごしている

[PR]

by gonnosuke117 | 2016-07-06 16:38 | くらし | Comments(0)
2016年 06月 20日
3960ぽ
c0090543_12323410.jpg


駅前の大好きな喫茶店でモーニングを食べて、坂を登ったところにあるこれまた大好きなお花やさんで花を買い
ゆるゆると歩いて公園で一休みして帰ってくるまでの歩数

前に買った葉っぱからはにょきにょきと根っこが伸びている
新しい花を両親の写真のそばに生けて
こちらは佐藤玲朗さんのガラスの鉢に生け替える
石を重しに使うのはフクギドウのイベントで椿野恵里子さんから教わったやり方だ
この石は母が元気な頃にどこかの海辺で拾ってきたものらしい

母を見送って一年と少し
父とはまだ半年ちょっと

不思議なことに夢に見るのは昔の両親ではなく
二人が生き返るというものばかり
私が会いたいのは思い出の中ではなく生き続けている父と母なのだろうか

ちょっとだけ泣きたくなった






[PR]

by gonnosuke117 | 2016-06-20 12:21 | くらし | Comments(0)
2016年 04月 14日
ひとつきはん
c0090543_17440174.jpg


引越して1ヶ月半

鳥が目の高さで飛ぶ
洗濯物を干しながらそのさえずりを聴く

高台の暮らしは想像していたよりも楽しく
遠いと思っていた駅までの道も歩いてみれば案外近いもので
(ただ、毎日通勤している夫や息子は別の意見かもしれないが)

家具はほとんどがそのまま、部屋の配置も前の住まいとあまり変わらないせいか
転居後初めて訪れたひとも
「模様替えしたっていうくらいの感じだね」というくらい
生活圏も以前とほぼ同じということもあり、
まだまだ未開封の段ボールはあれど
もうずっと住んでいるかのような錯覚に陥る

さらに幸せな日々なのである





[PR]

by gonnosuke117 | 2016-04-14 17:32 | くらし | Comments(0)
2015年 11月 26日
おとうさんあっぱれ
c0090543_17054577.jpg

11月15日
父が亡くなった
苦しむこともなく孫2人に手を握られ、私たち夫婦に身体をさすられながら穏やかに旅立った

夫宛の封書が見つかった
6年前に書かれたそれには
葬儀のこと、のちの手続きのことなど書き留めてあり
そして棺の中に入れてほしいものが同封してあった
二十数年前に入院したときにわたしの子供達から送られた手紙と学生時代のノート
まだ小さかったころの子供達の手紙はとても可愛くて棺に入れる前にみんなで読み返して笑顔になった
物理のノートはまるで活字のように整然と文字が並んでいる
他のノートは全て処分したのだとか
父の学生時代をうかがわせるたった一冊のノート
これもみんなで開いては真面目だった父を偲んだ

思えばコツコツと努力するひとだった
そしてそれを自慢しないひとだった

歯医者にはきちんと検診に行き
入れ歯は一本もなかった

毎日書き留めていた忘備録
私の娘の結婚式に披露した謡の高砂を息子の結婚式でも必ず聞かせてほしいと言っていたのだが
入院直前にはこんなに書き込みがあった
「高砂を練習したけれど息が続かず
なんとかものになるよう努力したい」と
入院中も他の患者さんの迷惑にならないよう小声で練習していたようだ

結局高砂を披露することなく
これを流してくれと残したカセットテープに吹き込んだ自身の謡に見送られて出棺した

家のことは母に任せて仕事に一生懸命
お酒とタバコはつい最近までやめられず
そんなところも今となっては愛おしい

母が亡くなる直前に
父が母への思いを短歌に綴っていた
それも娘がそっと棺に入れた
おとうさん
むこうでおかあさんに会ったら渡すんだよ










[PR]

by gonnosuke117 | 2015-11-26 16:36 | くらし | Comments(2)
2015年 11月 13日
ぽけっとのわすれもの
c0090543_10331307.jpg


ジャケットをクリーニングに出そうとポケットを探ったら出てきた

仁川空港の案内所で宿への行き先を尋ねたときにもらったメモだ

インクが移っているのは入ってるのに気づかず洗濯してしまったから

乗り換え駅と降りる駅が書いてある
空港に降り立ったときの高揚感を思い出す

旅に出たい





[PR]

by gonnosuke117 | 2015-11-13 10:25 | くらし | Comments(0)