タグ:おもうこと ( 166 ) タグの人気記事

2007年 01月 11日
動機
今日は自宅で会議。

普段が普段なだけに来訪者があるときには掃除が大変。
けれども家が片付くいい機会でもある。

会議は午後。
午前中が勝負だ。

以前はアラを隠すことばかりを考えて無駄な力みがあったと思う。
まあいわば「見栄はり掃除」をしていたわけで、人が帰った後気抜けして疲れてしまっていたことが少なからずあった。

どうせ隠したって片づけ下手なのはバレバレなんだからジタバタしないで、最近は気分良く過ごしてもらえるように準備する気持ちで家を整えるようにしている。
そうしたら人を招くのが以前にも増して楽しくなってきた。

普段なら のそのそうろうろするばかりで一向に片づけが進まないのだが、勢いというのは恐ろしいもので締め切りが決まるとそれなりに出来てしまう。
毎日”○時になったら人が来る!”と思ってやれば我が家も綺麗になるのだろうが「つもり」だけで行動できたら苦労はしない。
せめて人を招く機会を増やすことで我が家の快適度を上げることを考える方が現実的だな。

夕方一人になってほっと一息。
綺麗な部屋で飲むと珈琲も美味しいわ。
c0090543_21151348.jpg

太宰久美子さんのカップは大ぶり。
柳デザインの黒柄のカトラリー、ちょっと迷ったけどfloorさんのアドバイス通りティースプーンにしておいて良かった。
plus frshさんのエクレアは絶品。きょうはモカとカスタード。今年最初の会議なので奮発した。
私の分は既に会議中に皆さんと食べた。
写真のは子度達の分。ちょっと並べてみた。食べないぞ~。
[PR]

by gonnosuke117 | 2007-01-11 21:38 | おもうこと | Comments(0)
2007年 01月 05日
仕事始め
今日からいよいよ始動。
ここ数年ずっと ”今年は正念場”と思っている。今年こそはそれから脱却したい。

はじめが肝心だ。
今日から頑張ろう!
と思うのに…
○時に出かけないといけないという認識はあれど
段取りできない自分がいる。
お正月ボケ?老化ではないということにしておこう。

なんにせよもたもた。
後の予定を考えて午前に伺う方に時刻をずらしてもらうことになってしまった。
人様の段取りを変えさせることは本当はしたくないのに。

ハンドルを握るのも何日ぶりだろう。
妙にぎこちない気がする。

何日かぼーっとしていたツケは大きかった。


今年初のお弁当。
c0090543_22365438.jpg

栗久さんのお弁当箱。
しみが付かないよう開かずはラップを敷いて詰める。
蓋も汚したくないので少し大きめに切っておかずをくるむようにしているが
こうやってみると風情がないなあ。
栗久さんごめんなさい。

食べる方の段取りは怠りない自分がちと恥ずかしい。
[PR]

by gonnosuke117 | 2007-01-05 22:41 | おもうこと | Comments(2)
2007年 01月 03日
一人減り二人減り
友人からメール。
今日は近くに仕事に来ているとのこと。
ちょうど義父が採れたての野菜をたくさんことづけてくれている。
お裾分けしたいので寄ってもらう。

いただき物のご馳走出して、お茶飲んで喋って。
夫も加わって三人で高校サッカー見て。
野洲高校の応援で盛り上がる。

友人と夫は初対面のはずなんだけど。
気さくな彼女の人柄のお陰か。

にぎやかな昼下がり。

友人が帰り、少し寂しくなった台所で早い目の夕食。

夫は夜の新幹線で東京に向かうのだ。
もう慣れたもので自分で着々と荷造りする。
楽なんだけどちょっと複雑。

「いってきまーす」とあっという間に出て行ってしまった…ように思えた。

息子は予備校。
娘は部屋で勉強。
リビングで一人。

この家こんなに広かった?
[PR]

by gonnosuke117 | 2007-01-03 21:57 | くらし | Comments(2)
2007年 01月 01日
新しい年
c0090543_1718426.jpg年越し蕎麦は除夜の鐘を聞きながら
…ではなく
ヴィッセル神戸の昇格を決めた近藤祐介のゴールシーンを見ながら食べた。

我が家らしい新年の迎え方。










少し遅い目に起きて服を整え(いつもよりはちっとだけちゃんとした服)ゆっくりお雑煮の用意をする。

おせちを作らないという暴挙に出ているのでせめてお雑煮は丁寧に作ろうと思う。

京都関東屋さんの白みそ。

今日はお椀も特別な物を。
数年前近所のお店ですすめてもらった赤い塗りの蓋付きのお椀。
輪島塗の古いものだそう。状態もいい。普通ならとても手が出せないようなもの。蔵から出たばかりということ。しかも卸屋さんだったからなんとか買えた。
それだけに勿体なくてなかなか使えなかったのだけれど思い切って登場させる。

祝い箸もとっときの。
実は1年以上前に貰っていながら惜しくて使えなかったという貧乏性。

きちんと整えるとやはり年の初めというあらたまった気分になる。

c0090543_17175070.jpg


見ないぞ~!と言いつつ、ついつい天皇杯の決勝戦に見入る。
年賀状をよむ。1度目はせかれるように。2度目はじっくりと。

いつものお正月と違うところ。変わらないところ。
な両方がい交ぜになりながら家族の状況に合わせてじわじわ変わっていけるということは幸せなことなのだ。

今年はどんな年になるのだろう。
希望と緊張感と少しばかりの重圧感とを感じながら濃いめのお茶を飲む。

ゆっくり時間が過ぎていく今年のお正月。
[PR]

by gonnosuke117 | 2007-01-01 17:45 | くらし | Comments(2)
2006年 12月 31日
今年最後の
2006年も今日でお終い。

年々日が過ぎていくのが早くなっている。
ついこの前年賀状書いた気がするのに。

辛い永遠の別れもあったけれど
大切にしたい新しい出会いもあった年。

この世で起こることは全て必然と言うけれど
今私が色んな人に囲まれてこうしていられるのはたくさんの奇跡の積み重ねの上に起きていること。
そう考えると一日一日大切にしていかなければと思う。
今日はもう二度とない日なのだから。

暦は人間が考え出したもので別に今日の昇った太陽と明日昇る太陽が違う訳ではない。
見る側が違って見るだけなんだけど。そのことが大切なのだと思う。
意識が違うと世界が違って見える。
それが今を変える原動力になるのだから。

淡々とやり続けること、生き続けることって難しい。
区切りを意識することで気持ちが改まり、また頑張ろう!と思えるから年の節目の行事って大事にしないといけないのだろうな。

ようやく年賀状を書き、大掃除という言葉はなかったこととし(先日テレビに出ていた松原ちあきさんが「ハワイでは大掃除ってやらない」とか言ってたし)
辛うじて年越しそばだけは作ろうと思っているような私が偉そうに言えることではないのだが。

それでも今朝は「今年最後だなあ」と思ってお弁当詰めた。
c0090543_18435159.jpg

最後だからってことさらおかずに変化があるわけではない。
来年もこうやって家族にお弁当作り続けられるといいなあと思いつつほんのちょっぴり丁寧に風呂敷に包んだだけ。

息子と、風邪っぴきというアクシデントに見舞われて帰省できなかった娘と私の三人での年越し。(夫は父母二人だけの私の実家で何か手伝えることがあればと一人帰ってくれた)

来年もいい年になりますように。
今年出会えた全ての人に感謝しつつ。
[PR]

by gonnosuke117 | 2006-12-31 19:07 | おもうこと | Comments(4)
2006年 12月 20日
帰り道
今夜も東京泊まり。
用を済ませ夫の住まいへ戻る。

最寄り駅からの道は昔からの商店街だ。
電車の中や繁華街だと何となく耳なじみしにくい関東弁も商店街のお店の人と話すとそうでなくなるから不思議。

八百屋さんでねぎとぬか漬けを買う。
「ほら食べてみな。おいしいよ~。指汚れるからここつまんでとって」と食べさせてもらったはりはり漬けが美味しくてこれもついつい買う。
別のお客さんが「お弁当にもいいよね」と。「そうなのよ。息子がびんに入れた持ってったらさあ美味しいってみんなで全部食べちゃったって」…
こういう会話が楽しい。

今は一言も口をきかなくてもほしいものが手に入る時代。
下手をすれば人と顔を合わさずともほとんどのものが買える位だ。

けれどもそれでは寂しい。
スーパーマーケットより個人商店で買う方が好き。そこにはものとお金以外のやりとりがあるからだろう。
会話をしながら買ったものはより愛着もわく。より美味しくも感じる。そして食べる分だけを買う。そういうことを大切と思い続けられる自分でいたいと思う。
[PR]

by gonnosuke117 | 2006-12-20 20:35 | おもうこと | Comments(0)