「ほっ」と。キャンペーン
タグ:くらし ( 447 ) タグの人気記事

2017年 02月 16日
かんれきのとし
c0090543_17262618.jpg



なんと前の投稿から3か月近くも過ぎてしまった。
こんなブログを読んでくださる方がいらっしゃるのだろうかと思いつつ忘備録として書き留める

今日は夫の誕生日
還暦を迎えた
誕生日は毎年やってくるのに、60代突入と言うのは何やらひどく歳を取ったような気になるらしく
あまりうれしそうではなかったように見えた

3か月後には私も還暦を迎えるのだが、そのときになってみれば同じように思うのだろうか

先日娘から大きな報告が舞い込み
私は彼女の頑張りの成果を大いに喜び、少々舞い上がり気味である
そのおかげで、還暦の歳は今まで以上にあちこち行ける歳の始まりになりそうだと
ただただワクワクしているのだが 
[PR]

by gonnosuke117 | 2017-02-16 17:25 | くらし | Comments(0)
2016年 08月 25日
おせっかい
c0090543_16095145.jpg


銀行用事に出かけたときのこと
タクシーから年配の男性が運転手に抱えられるようにして降りてこられた
しばらくして見ると1人歩道に立ったまま

どうにも気になり引き返す
声をかけてみるとタバコを買いたいとのこと
道路の反対側の自販機まで身体を支えながら付き添う
ご病気なのか足がスムーズに前に出ない
「このあとはコーヒーを飲みに行く
自分で行けるから大丈夫」と言われるがどうにも気がかりで
ご一緒しますと喫茶店まで

どうやらそちらの常連さんだったようで
お店の方に「勝手に来るから大丈夫だよ」と言われ
普段からお一人で出かけておられるのだとわかる
手を添えたのは余計なお世話だったのだろうに嫌がらずつきあってくださったのは男性の方だったかもしれない

体格がどことなく父に似ておられた
ああそうか
もう父には何もしてやれないのだなと思うと涙が出てきた
帽子を目深に被って歩いた



[PR]

by gonnosuke117 | 2016-08-25 15:57 | くらし | Comments(0)
2016年 08月 05日
もういちどのりたい
c0090543_19021308.jpg


ポストを覗いたら
完璧!感動!感謝!
と書かれたシールで止められた茶封筒が届いていた
この言葉聞き覚えがあるぞと表に返すと、
みやざき中央新聞からのもの
???

そして白いシールに書かれた文面を読んで納得した

ANAの名物機長と呼ばれた
元全日空機長の山形和行さんの掲載記事が送られてきたのだ

何を隠そう 私は山形機長ファンクラブの会員なのだ
ファンクラブが存在するする機長さんはそうそういらっしゃらないだろうが、それほど魅了される機内アナウンスだということ

仕事からの帰りたまたま山形機長のフライトに乗り合わせ
その機内アナウンスに感動した
あとでファンクラブの存在を知り早速申し込んだというわけ

山形機長のフライトに乗り合わせたいがためにわざわざANAの便を選んだこともあるが、残念ながら以降その幸運には恵まれていない
2013年に退職されたので、もうどうあがいてもその機会は巡ってこないのだが
一度でも乗り合わせられたことはラッキーだったと思う

心に少しでも不安のある乗客に安心してもらうために始められたという機内アナウンスは流暢でありながらゆったりと心和むもの
今でもお元気で講演活動をされているようなので、いつかもう一度あのお声を聴かせていただけるチャンスを待ちたいと思う




[PR]

by gonnosuke117 | 2016-08-05 18:42 | くらし | Comments(0)
2016年 07月 26日
からだはしょうじき
c0090543_09452063.jpg

時折利用する歩道橋を下るとき、あと数段というところで階段を踏み外しそうになる
自分の運動能力の減退を思い、情けなくなる

けど、ある日気がついた
踏み外しそうになるのは必ず同じ場所なのだ
よそでは滅多にならない
これは私の問題ではないぞ

振り返りしげしげと観察する
ほうらやっぱり!

途中階段の高さが変わっている
このせいだったんだ

だがしかし、他の方は踏み外しそうにならずに下りていかれる
やはり私の老化の問題なのか


[PR]

by gonnosuke117 | 2016-07-26 09:36 | くらし | Comments(2)
2016年 07月 06日
なつがきた
c0090543_16490085.jpg


7月になったばかりだというのに連日の30度超え

暑いながらも窓を開け放っているとご褒美のように風が入ってくる
電車の音や船の汽笛、鳥のさえずりや虫の声、冷房のために窓を閉めたらそういったものからも遠くなりそうで
クーラーをつける決心がつかないまま日々過ごしている

[PR]

by gonnosuke117 | 2016-07-06 16:38 | くらし | Comments(0)
2016年 06月 20日
3960ぽ
c0090543_12323410.jpg


駅前の大好きな喫茶店でモーニングを食べて、坂を登ったところにあるこれまた大好きなお花やさんで花を買い
ゆるゆると歩いて公園で一休みして帰ってくるまでの歩数

前に買った葉っぱからはにょきにょきと根っこが伸びている
新しい花を両親の写真のそばに生けて
こちらは佐藤玲朗さんのガラスの鉢に生け替える
石を重しに使うのはフクギドウのイベントで椿野恵里子さんから教わったやり方だ
この石は母が元気な頃にどこかの海辺で拾ってきたものらしい

母を見送って一年と少し
父とはまだ半年ちょっと

不思議なことに夢に見るのは昔の両親ではなく
二人が生き返るというものばかり
私が会いたいのは思い出の中ではなく生き続けている父と母なのだろうか

ちょっとだけ泣きたくなった






[PR]

by gonnosuke117 | 2016-06-20 12:21 | くらし | Comments(0)
2016年 05月 23日
もちろんはこんでください
c0090543_18225042.jpg


「この木箱も全部運ぶんですか?」
これはこの度の引っ越しの際に業者さんから尋ねられたこと

リンゴ箱は私にとっては大切な収納家具

もちろん全部要るに決まってる

けど、一般的にはただの粗い作りの木の箱なんだろうな

改めて数えてみれば
リンゴ箱が8個
ワインの木箱も2個あった

「本当に全部運ぶんですか?」
と聞かれるのも仕方ないな

[PR]

by gonnosuke117 | 2016-05-23 18:02 | もの | Comments(0)
2016年 05月 20日
すごいぞあいふぉん
c0090543_15581058.jpg

先日息子がタクシーの中に携帯を忘れた
領収書をもらっていないのはもちろん、タクシー会社も覚えていないという

さあ、慌てた
深夜だったが私もすっかり目が覚めてしまう

すぐ気がついたのでそんなに遠くには行かれていないはずと、何度も息子の携帯にかけてみるが繋がらず
困ったなと思っているところにふと思い出したこのアプリ

すぐにパソコンを立ち上げてアプリにログインすると地図には携帯の場所が表示される
ひゃーすごいな
と感心している場合ではない
場所がわかったところでどうしようもない

しかし
このアプリにはさらにすごい機能があるのだった
パソコンを操作すると携帯から音が出せる
マナーモードにしていようと、鳴る
これがけっこうはっきりとした警告音 なのである
それから再度携帯に電話するも繋がらず
運転手さん聞こえていると思うんだけどなあ

さらにもう一つの機能を試す
パソコンで紛失のところをクリックしたらば携帯の画面にこのiPhoneを拾ったひとはこの番号にかけてくださいとの表示が出て発信のところをタッチしただけで設定した番号にかかるのだ

画面には携帯のパッテリー残量も表示される
残量は残り僅か
焦る


それでも何度か試すうち
家の電話が鳴る
おお〜っ!きた〜!
息子が大慌てで受話器をとる
やはりタクシーの運転手さんからで、仕事が終わったら交番に届けておくからとのこと
はあやれやれ
どうやら運転手さん、スマホには詳しくなかったようで「あれこれ触っていたら電話がつながったようだね」と
ラッキーだった

早朝息子は電車に乗って交番まで携帯を受け取りに行った
事情を聞かれた警察の方もこのアプリの機能に感心されたそう



iPhoneをお持ちの方
いざという時のためにこのアプリで一度シミュレーションしておかれることをおすすめする


それにしても悪意のある人に拾われなくてよかったこと



[PR]

by gonnosuke117 | 2016-05-20 15:36 | くらし | Comments(0)
2016年 05月 16日
しんるーと
c0090543_16102687.jpg


近所に住む友人お勧めの道を通ってみる

バスを降りたら木々の中を抜けて谷に架かる橋を渡る

橋の真下にダムがある
上流はすぐ近くに河原が見えてバーベキューでもしたくなる
下流側は木々の間のうーんと下に川の流れが見える

この落差が面白い
下流側を覗くのはちょっとドキドキするけれど

家に帰るバスのルートは3つ
こんなにあると思っていなかったので、とても得をした気分なのだ

[PR]

by gonnosuke117 | 2016-05-16 16:01 | くらし | Comments(0)
2016年 04月 14日
ひとつきはん
c0090543_17440174.jpg


引越して1ヶ月半

鳥が目の高さで飛ぶ
洗濯物を干しながらそのさえずりを聴く

高台の暮らしは想像していたよりも楽しく
遠いと思っていた駅までの道も歩いてみれば案外近いもので
(ただ、毎日通勤している夫や息子は別の意見かもしれないが)

家具はほとんどがそのまま、部屋の配置も前の住まいとあまり変わらないせいか
転居後初めて訪れたひとも
「模様替えしたっていうくらいの感じだね」というくらい
生活圏も以前とほぼ同じということもあり、
まだまだ未開封の段ボールはあれど
もうずっと住んでいるかのような錯覚に陥る

さらに幸せな日々なのである





[PR]

by gonnosuke117 | 2016-04-14 17:32 | くらし | Comments(0)