タグ:くらし ( 448 ) タグの人気記事

2016年 04月 14日
ひとつきはん
c0090543_17440174.jpg


引越して1ヶ月半

鳥が目の高さで飛ぶ
洗濯物を干しながらそのさえずりを聴く

高台の暮らしは想像していたよりも楽しく
遠いと思っていた駅までの道も歩いてみれば案外近いもので
(ただ、毎日通勤している夫や息子は別の意見かもしれないが)

家具はほとんどがそのまま、部屋の配置も前の住まいとあまり変わらないせいか
転居後初めて訪れたひとも
「模様替えしたっていうくらいの感じだね」というくらい
生活圏も以前とほぼ同じということもあり、
まだまだ未開封の段ボールはあれど
もうずっと住んでいるかのような錯覚に陥る

さらに幸せな日々なのである





[PR]

by gonnosuke117 | 2016-04-14 17:32 | くらし | Comments(0)
2016年 04月 10日
すてるかみあれば
c0090543_09251566.jpg


これは、20年近く前に
知り合いが処分しようとしていたものを救出してきたもの
前の前の住まいはかなり狭い社宅だった
それなのに処分されるとなるとかわいそうでついもらってしまった
震災でガラスが割れてしまいDIYで直されたそうだ
そんな形跡も愛おしい

前の住まいでは夫の書棚としていたがこの度目隠しもかねてキッチンに置いた
窓のない部屋から自然光たっぷりの場所にきて、まるで違う家具のようである

ポットやコーヒー道具、お茶のたぐいはこちらに

頂き物の高級なお菓子から駄菓子までおやつもここに
きた人は自由に食べてよろしい

お茶も好きなものを好きなポットでどうぞ
ついでに私の分も煎れてくださるとなおよろしい



[PR]

by gonnosuke117 | 2016-04-10 09:18 | くらし | Comments(0)
2016年 03月 07日
ひっこし
18年住んだ社宅を出た
不思議なご縁で出会った新しい住まいは
高台の古いマンション

隣の建物からの視線が気になり、カーテンを引くことが当たり前だった生活から
目覚めてすぐカーテンを開け放ち朝の光を取り入れるようになった

c0090543_12322248.jpg


引越しの荷物を解きながら折々の景色を眺める

c0090543_12322289.jpg


マンションは50年近く前に建てられたもので
台所には21年前のガスコンロと流し台
前の方が綺麗に使われており、まだまだ現役だ
デザインもシンプルで気に入っている
便利な機能は何一つないけれど、オートマからミッション車に乗り換えたような楽しさなのである

荷物が収まるべきところに収まる頃にはベランダでお酒なんぞ…と目論んでいる





[PR]

by gonnosuke117 | 2016-03-07 12:06 | くらし | Comments(2)
2016年 02月 18日
げんてん
c0090543_11312488.jpg



野原チャックのパッチワーク
という本
2冊
それぞれにパッチワークのパターンが100収められている


野原チャックさんは
娘が生まれたころに始めたパッチワークの原点とも言えるひと

近所に知り合いもほとんどなく、生まれたての子どもを相手にする日々
そんなときパッチワークが何かも知らず
心惹かれて手にした一冊の小さな本からその世界にのめり込んでいった

30年ほど前、当時は地方に住んでおり
パッチワークの用具や布を調達できるところもなく
娘の洋服の残りぎれやハンカチなど身近にあったもので育児の合間に針を持った

神戸に引っ越してからは同じ趣味を持つ友人も出来て
子どもたちが寝静まった深夜に布を広げて縫うのが楽しみだった

そんなとき
書店で見つけたのがこの本だった
野原チャックさん独特の布合わせ
集大成とも言えるこの本にはこの本のために作られたオリジナルの作品が収められている
だがあまりに高価でとても手が出せるものではなかった
ため息まじりに棚に戻す私をみていたのか
夫が
買ってあげるよ

当時夫は単身赴任しており留守宅を守ってくれているご褒美だと

嬉しくて胸に抱きかかえてレジに行ったのを覚えている
もう四半世紀ほども前のこと

いつの間にか
パッチワークからも遠ざかり
道具も布も友人に引き取ってもらったが
この本だけは手離せない




[PR]

by gonnosuke117 | 2016-02-18 11:07 | すき | Comments(0)
2016年 01月 28日
とりあえずかっといたおかげで
去年の夏ごろだったか
通りがかりのお店でたまたま見つけたドイツのビンテージのシーツ

大きな枕カバーとセットになっていた
衝動買いしても罪の意識を持たずにすむようなお値段だったこともあり
あてもなく買っておいた
枕カバーは今活躍中で毎晩ニヤニヤしながら眠りについている

シーツはずっとタンスの中だった

それがやっと日の目を見る
目隠しが欲しかった窓に
だいたいこんな大きさかなとあてがってみたらばぴったりだった


c0090543_15272179.jpg



必要なものだけを買う
そうあるべきと思いつつ
こんなことがあると
やっぱり
使う当てはないのに好きなものは買うという癖はやめられそうにない



[PR]

by gonnosuke117 | 2016-01-28 15:12 | ぬの | Comments(0)
2015年 12月 17日
たのしみのきろく
c0090543_12084786.jpg


元町の南、栄町のplageさんはひと味違う文具が見つかるお店だ

仕事用の手帳は少し前からコンパクトなものに変えており
そこにはプライベートの記録を残すスペースはなかった

で、今回
出かけた展覧会や企画展などの記録を残すためのノートを新調

c0090543_12084768.jpg


イタリアのものと言われたか
辞書のような製本
もちろん糸綴りである
分厚いノートにどれだけたくさんの思い出が残せるだろう






[PR]

by gonnosuke117 | 2015-12-17 11:55 | もの | Comments(0)
2015年 12月 05日
しきんきょり
歩いて3分
c0090543_13325112.jpg

ローマピザのお店 IL VENTO

歩いて5分
c0090543_13325269.jpg


美味しいお惣菜あれこれ かもめ食堂


恵まれた住環境

[PR]

by gonnosuke117 | 2015-12-05 13:28 | くらし | Comments(0)
2015年 11月 26日
おとうさんあっぱれ
c0090543_17054577.jpg

11月15日
父が亡くなった
苦しむこともなく孫2人に手を握られ、私たち夫婦に身体をさすられながら穏やかに旅立った

夫宛の封書が見つかった
6年前に書かれたそれには
葬儀のこと、のちの手続きのことなど書き留めてあり
そして棺の中に入れてほしいものが同封してあった
二十数年前に入院したときにわたしの子供達から送られた手紙と学生時代のノート
まだ小さかったころの子供達の手紙はとても可愛くて棺に入れる前にみんなで読み返して笑顔になった
物理のノートはまるで活字のように整然と文字が並んでいる
他のノートは全て処分したのだとか
父の学生時代をうかがわせるたった一冊のノート
これもみんなで開いては真面目だった父を偲んだ

思えばコツコツと努力するひとだった
そしてそれを自慢しないひとだった

歯医者にはきちんと検診に行き
入れ歯は一本もなかった

毎日書き留めていた忘備録
私の娘の結婚式に披露した謡の高砂を息子の結婚式でも必ず聞かせてほしいと言っていたのだが
入院直前にはこんなに書き込みがあった
「高砂を練習したけれど息が続かず
なんとかものになるよう努力したい」と
入院中も他の患者さんの迷惑にならないよう小声で練習していたようだ

結局高砂を披露することなく
これを流してくれと残したカセットテープに吹き込んだ自身の謡に見送られて出棺した

家のことは母に任せて仕事に一生懸命
お酒とタバコはつい最近までやめられず
そんなところも今となっては愛おしい

母が亡くなる直前に
父が母への思いを短歌に綴っていた
それも娘がそっと棺に入れた
おとうさん
むこうでおかあさんに会ったら渡すんだよ










[PR]

by gonnosuke117 | 2015-11-26 16:36 | くらし | Comments(2)
2015年 11月 13日
ぽけっとのわすれもの
c0090543_10331307.jpg


ジャケットをクリーニングに出そうとポケットを探ったら出てきた

仁川空港の案内所で宿への行き先を尋ねたときにもらったメモだ

インクが移っているのは入ってるのに気づかず洗濯してしまったから

乗り換え駅と降りる駅が書いてある
空港に降り立ったときの高揚感を思い出す

旅に出たい





[PR]

by gonnosuke117 | 2015-11-13 10:25 | くらし | Comments(0)
2015年 11月 10日
さるのとし
c0090543_14301223.jpg

いつの間にやら11月も中旬
書道教室で来年の干支の文字など書いていると
わわたわたと過ぎてしまった今年の反省と来る年への期待とが入り混じる

残り一ヶ月半
顔を上げていこう


[PR]

by gonnosuke117 | 2015-11-10 14:25 | くらし | Comments(0)