タグ:くらし ( 448 ) タグの人気記事

2007年 01月 03日
一人減り二人減り
友人からメール。
今日は近くに仕事に来ているとのこと。
ちょうど義父が採れたての野菜をたくさんことづけてくれている。
お裾分けしたいので寄ってもらう。

いただき物のご馳走出して、お茶飲んで喋って。
夫も加わって三人で高校サッカー見て。
野洲高校の応援で盛り上がる。

友人と夫は初対面のはずなんだけど。
気さくな彼女の人柄のお陰か。

にぎやかな昼下がり。

友人が帰り、少し寂しくなった台所で早い目の夕食。

夫は夜の新幹線で東京に向かうのだ。
もう慣れたもので自分で着々と荷造りする。
楽なんだけどちょっと複雑。

「いってきまーす」とあっという間に出て行ってしまった…ように思えた。

息子は予備校。
娘は部屋で勉強。
リビングで一人。

この家こんなに広かった?
[PR]

by gonnosuke117 | 2007-01-03 21:57 | くらし | Comments(2)
2006年 12月 30日
まったり大晦日イブ
風邪がすっきりしないということもあり、一歩も家からでなかった一日。

したことといえばお年玉の準備。
いつも通りの家事。

今夜も息子は予備校で遅い。娘は同窓会とやらで出かけていった。
夕食は夫と二人。
c0090543_2254986.jpg

ほっけの開き
高橋みどりさんの伝言レシピから切り干し大根のベーコン炒め
こんにゃくの田楽 yukakkoさんのブログで知った献立いろいろ味噌をかけて
白菜のおひたしに黒すりゴマをたっぷり

有頂天ホテル見ながらゆっくり食べて…

こんなことしていていいのか?

年賀状
大掃除
という単語をこの世から消したい夜。
[PR]

by gonnosuke117 | 2006-12-30 23:04 | くらし | Comments(0)
2006年 12月 29日
帰省準備
暮れからお正月にかけ実家へ帰るのが例年。
夫と私の実家は隣町どうし。親戚も近くにあちこち。
なかなか会えない人にいちどきに会えるチャンスでもある。

残念ながら今年は息子の受験のため彼と私は居残り。
夫と娘が夫と私の実家にそれぞれ一泊ずつする予定。

お土産を準備するのも楽しみの一つ。
相手を思い描きながら何が喜んでもらえるか思いを巡らせる作業は大好き。
ちょっと珍しくておいしいものや日々使ってもらえそうなもの。「この人にはこれや!」という物を見つけたときは本当に嬉しくなる。

親戚が多いのでお土産の数もそれなり。
c0090543_22435922.jpg


前々からアンテナ立てておいて少しずつ準備したものたち。
気に入ってもらえるかなあ。

買い物した私が帰れないので、渡し間違いのないよう名札を手作りして紙袋につける。
今年もお世話になりました。来年もよろしく。そして皆さんにとってもいい年になるようにと、ひとつひとつ思いを込めて。
[PR]

by gonnosuke117 | 2006-12-29 22:58 | くらし | Comments(2)
2006年 12月 27日
備蓄
いとこからメール。
放置していたぬか床がえらいことになっていたらしい。
そういえば私もここしばらくさわっていない。どきっ!

暮れだし冷蔵庫の掃除もしないとなあ。
今日は冷蔵庫の中にあるもの中心での晩ご飯にしよう。

冷蔵庫の扉を開けて目についた物から脈絡無く作っていく。
c0090543_23381140.jpg

仕事が立て込んで買い物に行けない時のためにとついつい買い込んでしまう。
冷蔵、冷凍、常温保存 家から一歩も出なくても栄養バランスを無視すれば相当な期間食いつないでいけるくらいストックがある。

ちょうど大掃除年賀状と忙しい。この際出来るだけ買い足さず食品関係も在庫処分してみよう。
どう組み合わせるかによってはそこそこの献立になるかも。おつむの使いどころだな。

ぬか床?
まだ蓋を取る勇気はない。
[PR]

by gonnosuke117 | 2006-12-27 23:48 | うちごはん | Comments(2)
2006年 12月 24日
プチ変身
美容院に出かけた。
行きつけは電車とバスを乗り継いで約1時間かかるお店。
c0090543_18573360.jpg

若いご夫婦でされているお店。通い始めてもう7年くらいになろうか。
ご主人はカラーリングのセンスが抜群。
奥さんはカットの腕が抜群。
何より二人の人柄がいい。
私だけでなく子供達もここまで通ってきている。

大まかな要望だけ伝えれば後はお任せでなんの心配もない。

今日は雰囲気を変えようと思っていた。
前髪を短めにつくってみたいと前々から目論んでいたのだが勇気がなかったのだ。イブだし(関係ないか)思い切ってチャレンジしようと決意していた。

それを前提に色も決めて貰う。少し抑えめの色になった。

いよいよカット。
短くてパッツンの前髪だと服をころっと変えないといけなくなるそう。
私の髪質から服の傾向までよく知ってくれているし、彼女のセンスに任せる方が間違いない。
パッツン断念。ちょっとほっとしたところもあったりして。
前髪の量を増やしてオンザ眉毛と言いつつも柔らかい感じに仕上げてくれた。


髪を切ると気分も変わる。
新しい年を迎えるにはちょうどいいくらいの変身。
[PR]

by gonnosuke117 | 2006-12-24 19:30 | くらし | Comments(2)
2006年 12月 20日
帰り道
今夜も東京泊まり。
用を済ませ夫の住まいへ戻る。

最寄り駅からの道は昔からの商店街だ。
電車の中や繁華街だと何となく耳なじみしにくい関東弁も商店街のお店の人と話すとそうでなくなるから不思議。

八百屋さんでねぎとぬか漬けを買う。
「ほら食べてみな。おいしいよ~。指汚れるからここつまんでとって」と食べさせてもらったはりはり漬けが美味しくてこれもついつい買う。
別のお客さんが「お弁当にもいいよね」と。「そうなのよ。息子がびんに入れた持ってったらさあ美味しいってみんなで全部食べちゃったって」…
こういう会話が楽しい。

今は一言も口をきかなくてもほしいものが手に入る時代。
下手をすれば人と顔を合わさずともほとんどのものが買える位だ。

けれどもそれでは寂しい。
スーパーマーケットより個人商店で買う方が好き。そこにはものとお金以外のやりとりがあるからだろう。
会話をしながら買ったものはより愛着もわく。より美味しくも感じる。そして食べる分だけを買う。そういうことを大切と思い続けられる自分でいたいと思う。
[PR]

by gonnosuke117 | 2006-12-20 20:35 | おもうこと | Comments(0)
2006年 12月 17日
あと何回
結婚前からの仕事を辞め専業主婦になると決めたときから夫のお弁当を作り始めた。
それから20年余り。

欠かさず作れていたわけではない。手を抜くどころかごめんなさいしたこともしばしば。
夫だけのお弁当に娘の幼稚園のお弁当が加わって二つになり、卒園してまた一つに。
程なく息子が入園。またお弁当は二つ。
そういえば震災で子供達がしばらく転校していたときは給食のない小学校だったので慣れない実家の台所でお弁当作ったなあ。

環境の変化で作るお弁当の数は変われど毎日のようにお弁当をつくってきた。
今は大学生の娘と浪人生の息子のお弁当を。ときどき私のも。
特に息子は曜日関係なく自習室に出かけていくので土日もお弁当をつくることが多い。

「明日はお弁当要らない」と二人共が言った時には正直ほっとするところはある。
けれども考えてみれば手抜きワンパターンのお弁当を飽きもせず文句も言わず食べてくれるのは有り難いこと。
来春娘は親元を離れる可能性が高い。息子も運良く自宅から通える大学に合格したとしてもお弁当を持たせる機会はぐんと減ることだろう。

子供達のために手をかけてやれることはどんどん少なくなっていく。そうあって然るべき嬉しいことではあるが…。ちょっと寂しい気がするのも事実。

今日もお弁当を詰めながらふとそんなことを思った。
c0090543_16172557.jpg



しばらくすれば単身赴任が終わり夫のお弁当作りが再開されるだろう。春からは子供より夫のお弁当に手をかけよう。
[PR]

by gonnosuke117 | 2006-12-17 16:30 | おもうこと | Comments(4)
2006年 12月 16日
発売日
今日を首を長くして待っていた。
友人が取材を受けた本の発売日なのだ。

幾つか予定がありその途中に立ち寄れる書店を考えた。ちょうどいい場所に新しいのがオープンしている。

棚を探してみるが見つからず店員さんに尋ねる。
中を確認。おおーっ載ってるぞ。

迷うことなく購入。
c0090543_19134991.jpg








家に帰るまで我慢できずお昼ご飯を食べに行った先で(ショッピングセンターのフードコートだが)広げる。取材の後会ったとき「ライトの当て方とかさすがプロ。うちじゃなくなっているよ」などと謙遜していたけど、彼女の住まいの雰囲気がようく伝わってくる素敵な記事。


c0090543_19132297.jpg

ついでが無くても立ち寄りたくなるおうち。
「招かれたくなる 人を呼ぶしつらい」
の見出しは彼女の家を本当に的確に表現していると思う。
町屋の造りをうまく活かして人を受け入れてくれる和やかさをかもしだしているのは彼女の人柄だと思う。

ギャラリーオープンがますます待ち遠しい。
ricoさんちょくちょく行かせてね~。
[PR]

by gonnosuke117 | 2006-12-16 19:26 | すき | Comments(4)