タグ:でかける ( 465 ) タグの人気記事

2017年 08月 21日
おしえたくない
学生時代の友人6人が集まった。
8人がフルメンバーなのだけど、どうしても都合のつかない人もいて残念。

場所は鳥取県大山の友人の別荘(!)

晩ご飯に用意してくれたのは近海で獲れた魚で握るというお寿司だ。
注文しておいたのを受け取りにお店に向かう。

c0090543_15590666.jpg


知らなければドアを開ける勇気は無いな。
室内はカウンターのみのいたって普通のお寿司屋さん。

ところが、肝心のお寿司がとんでもなかった。

c0090543_15590792.jpg


美味しい!
そしてお値段を聞いてびっくりする。
お刺身も併せて頼んでくれていて

c0090543_15590786.jpg


車を降りるときひっくり返してしまって(フタがしてあったので下には落ちてないよ)慌てて盛り付け直している図w
こちらもとても美味しくてリーズナブル。

近かったら絶対通い詰めてるな。

秘密にしておきたい穴場。


[PR]

by gonnosuke117 | 2017-08-21 15:44 | でかける | Comments(0)
2017年 04月 13日
とびらをあけるゆうき
c0090543_18101250.jpg


東神戸に住むようになって約20年
ずっと気になりながら入れなかった珈琲屋さんがある

駅前にあるそのお店の大きな窓はスモークになっており、中を伺い知ることは難しく
前を通るたびに今度こそと思うのに、なぜか勇気が出なかった

今日は電車を降りたとき
なぜか急に、行ってみよう!と

少し肩に力を入れて扉を押す
常連さんでほぼ埋まったカウンター
どこに座ろうかなと思った私の迷いがわかったかのように、いいタイミングであいがけのテーブル席を勧められた
カウンターにも空きはあったのだけれど、どうやら私の手に持ったコートを見て、それをかけやすいよう、壁のフックに近いどころを示してくれたようだった

メニューはいたってシンプルで
バターブレンドとカフェ・オ・レ、コーヒーフロート
コーヒーゼリーとケーゼクーヘン

迷わずバターブレンドを注文する
豆を焙煎したのちバターを絡めるというここだけのものらしい

最初の一口でその甘さに驚く
本を読みながらゆっくりと冷めていきながらの味も楽しむ


コーヒーも美味しかったのだけれど
お客さんも含めて
とても暖かなお店だった

今度はもう少し軽い力でドアを開けられそうである


[PR]

by gonnosuke117 | 2017-04-13 17:51 | でかける | Comments(0)
2016年 10月 19日
とどーん
c0090543_11484512.jpg


ソウルから月曜日に発送して木曜日に届く
すごいな

大きなハコの中身はイブルだ
キルティングのお布団
薄手なのに暖かい
洗ってもすぐ乾く

今回はいろんな人から頼まれたので、嬉々として買い物に繰り出す

c0090543_11484688.jpg


寝具店に行くと山のようにイブルが積んであるけれど、柄物やら刺繍を施した豪華なのやらが多く
私の求める無地のシンプルなキルティングのものは少数なのである

3軒目でようやく希望のものを見つけた
好みの色を次々出してもらう

お店の人は
「どれにします?」
という顔で待っている
「全部ください」
と言うと

少し驚きながらも、
店主ご夫妻二人がかりでぎゅっと押さえてテープでぐるぐる巻きにして出来るだけ小さくなるように荷造りしてくれた

今回の旅の最大のミッションはめでたく旅の初日にクリアとなり、意気揚々とホテルに帰還したのであった

だがしかし、ダブルサイズを6枚となればいくらなんでも手持ちでの帰国は無理で
スーパーマーケットで買い物がてら箱をもらっきて
ホテルから発送することにした

いかに効率よく納めるか
ホテルの部屋であれこれ畳み方を試行錯誤する
ぴったりと箱に封できたときの達成感
深夜に一人にやにやとしたのであった

このイブル
なかなか使い心地が良く
早くも色違いを買いにまたソウルに行きたいなどと思っている







[PR]

by gonnosuke117 | 2016-10-19 11:27 | でかける | Comments(0)
2016年 10月 10日
しゃしんのないがくぶち
c0090543_10331867.jpg

ソウル中心部景福宮の前からまっすぐ伸びる道路に挟まれた光化門広場

私が訪れた10月9日はハングルの日だった
光化門広場にはハングル文字を作った世宗大王の像があることもあり、様々なイベントが開かれていた

その広場の少し南
両脇に小さな建物が建っている
たくさんの写真が壁一面に飾られている
日本でも大きく報道された
セウォル号で亡くなられた人たちだ

その中の多くがまだあどけなさの残る若い人たちだが、それ以外にも様々な年代のたくさんの方が犠牲になられたことを今さら思い知らされて辛くなる

献花をして手を合わせた

幾つか写真の入っていない額縁があった
写真の代わりに
「〇〇はまだ海の中にいます」
という言葉が入っていた

胸がつぶれそうになる

向かい合わせの建物ではこの事故の原因究明と再発させないための法の整備などを訴える署名活動をされていた

大きな事故だったのに
私の中でも薄らいでいた記憶だった

けれどもまだ帰らない家族を待っているひとがいる
署名活動活動をされていた方も
「知って欲しい」
「忘れないで」
と話されていた

すぐそばではきらきらした秋空の下
楽しそうに催しに参加した人たち
けれどもここに居るご遺族にはあるときから止まってしまった時間がある

起きてしまったことは変えようもないが、私たちに出来ることは何かあるはず
署名したとき、つけてもらった黄色いリボンを大事につけて帰ってきた






[PR]

by gonnosuke117 | 2016-10-10 22:17 | おもうこと | Comments(0)
2016年 07月 14日
つきもりで
c0090543_09360808.jpg


月森というのは六甲駅近くにある喫茶店だ
ホットケーキがとても美味しい
注文が入ってから粉を合わせ丁寧に泡立てじっくりと焼き上げるので出てくるまでにはそれなりの時間が必要

オーダーが立て込んでいると2時間ほど待つこともあるけれど
本を読んだり書き物をしたりのんびりと過ごすので苦にはならない

テーブル席もあり、一人で来ているひとばかりではないのだが店内はたいてい静か
おしゃべりの声も小さく気にならない
お店に似つかわしいひとばかりが来られている気がする

今回はちょうど高山なおみさんの日々ごはん①をほぼ読み終わる頃にホットケーキが出来上がり
私にはとても良いタイミングなのだった
[PR]

by gonnosuke117 | 2016-07-14 18:20 | でかける | Comments(0)
2016年 06月 29日
そうだ まやさんへいこう
c0090543_18235747.jpg


六甲山は遊園地
摩耶山は原っぱ
という表現をする方がおられるが
言い得て妙なたとえである
山上施設が整っている六甲山はそれはそれで楽しいのだが
摩耶山には自分たちで遊びを生み出す楽しみがある
駅などで配布されているマヤ暦をみれば、山上とは思えない企画がごろごろしている

摩耶山再生の会総会の席で灘区長さんが「もう、なんでもありの山」と言われたけど否定は出来ない

画像は先日参加した
イタリアンの料理教室
会場はロープウェー山上駅の2階モンテ702のテラスだ
山の上なので、基本的に電源の要る調理器具は使わない

講師はオテルド摩耶の元総料理長さん
プロならではのコツも教わり
イタリアンが少し身近な料理になった

c0090543_18235770.jpg


モンテで飲み物を買って来ていざ試食
このお料理ならば当然ワインでしょw

ところで
この料理教室に初めて参加したひとはすぐわかるそうで
真面目にエプロン持ってきてるのが初参加組
料理教室ではあるが参加者が関わるのは仕上げ部分のちょっとしたところと配膳程度
他のテーブルでもボトルが並んでおり
“料理を教わる”という要素は一般の料理教室に比べ やや、いや、かなり低いようで
このゆるさもまた摩耶山ならでは

マヤ暦は
摩耶山ポータルサイト
mayasan.jpからもダウンロードできる
オール手書きの素敵なカレンダーだ


[PR]

by gonnosuke117 | 2016-06-29 13:31 | でかける | Comments(0)
2016年 05月 16日
しんるーと
c0090543_16102687.jpg


近所に住む友人お勧めの道を通ってみる

バスを降りたら木々の中を抜けて谷に架かる橋を渡る

橋の真下にダムがある
上流はすぐ近くに河原が見えてバーベキューでもしたくなる
下流側は木々の間のうーんと下に川の流れが見える

この落差が面白い
下流側を覗くのはちょっとドキドキするけれど

家に帰るバスのルートは3つ
こんなにあると思っていなかったので、とても得をした気分なのだ

[PR]

by gonnosuke117 | 2016-05-16 16:01 | くらし | Comments(0)
2016年 04月 15日
ちょいとひめじへ
c0090543_16163698.jpg


歯医者さんの検診の帰り
えいっと最寄り駅を通り越して
電車を乗り継ぎ姫路まで

市民ギャラリーで展示中の
大工原明子さんの写真展を目指す

会場には大工原さんもおられて少しお話を聞けた
82歳とは思えないはつらつとした方だった
インドやチベットで撮られた人たちの顔はどれも魅力にあふれていて
自然の摂理のままに生きることの大切さを教えてくれているようだった

たくさんのエネルギーを貰って
次の目的地folkさんを目指す

前にお会いしてから相当日が経っているのに、そして何度もお会いしたわけではないのに覚えていてくださったことに感激する

ブログで見て気になっていたものたちが目白押しだ
先ほどの写真展の感動とは裏腹に、掻き立てられる物欲

お昼ご飯はfolkさんで教えてもらったオープンしたての洋食屋さんに行く

c0090543_18540470.jpg


おおっ
いい予感だ

オムライスをオーダーする
c0090543_18540530.jpg

美しく
そしてともかく美味しい
こういうなんでもない味ってとても難しいと思う
三宮の老舗洋食屋さんで修行された方と聞いた
この次はハイシライス食べてみたい

友人お勧めの喫茶店でコーヒーとアーモンドトーストも外さない

仕上げは駅ナカの立ち飲みで
c0090543_18540543.jpg


遠くへの旅もいいけれど
こんなものよろしいなあ








[PR]

by gonnosuke117 | 2016-04-15 16:08 | でかける | Comments(0)
2016年 02月 14日
ごほうびさんぽ
c0090543_09473908.jpg


毎年年明けからの宿題
確定申告
今年は他に期日が迫っているものもあり
大急ぎですませた

なんだ!やればできるじゃないか

課題提出した解放感はいくつになっても同じ

足の向くまま
東山商店街をうろうろしてから
ご褒美と決めていた、新開地 喫茶大力さんの定食を食べる

夜は割烹なだけあって、だし巻きとそばずしの絶妙な味はさすが

本当はこのあとすぐそばの喫茶店の銅板で焼くというホットケーキを食べるつもりがお腹いっぱいで断念する

次の宿題が終わったらそのご褒美にしよう

元町で途中下車して
allesさんで夫の誕生日プレゼントを調達し
さらに坂を登ってうおくに商店さんを覗く
何人もの友人から
「あなたがきっと好きな感じのお店」
と言われていたが
うんその通り
選び抜かれた乾物や棕櫚製品にワクワク

古本屋さん寄って甘いもの買って
満足満足

また来年も確定申告はお早めに
ご褒美目指して頑張ろう












[PR]

by gonnosuke117 | 2016-02-14 09:30 | でかける | Comments(0)
2015年 12月 05日
しきんきょり
歩いて3分
c0090543_13325112.jpg

ローマピザのお店 IL VENTO

歩いて5分
c0090543_13325269.jpg


美味しいお惣菜あれこれ かもめ食堂


恵まれた住環境

[PR]

by gonnosuke117 | 2015-12-05 13:28 | くらし | Comments(0)