タグ:ぬの ( 67 ) タグの人気記事

2016年 01月 28日
とりあえずかっといたおかげで
去年の夏ごろだったか
通りがかりのお店でたまたま見つけたドイツのビンテージのシーツ

大きな枕カバーとセットになっていた
衝動買いしても罪の意識を持たずにすむようなお値段だったこともあり
あてもなく買っておいた
枕カバーは今活躍中で毎晩ニヤニヤしながら眠りについている

シーツはずっとタンスの中だった

それがやっと日の目を見る
目隠しが欲しかった窓に
だいたいこんな大きさかなとあてがってみたらばぴったりだった


c0090543_15272179.jpg



必要なものだけを買う
そうあるべきと思いつつ
こんなことがあると
やっぱり
使う当てはないのに好きなものは買うという癖はやめられそうにない



[PR]

by gonnosuke117 | 2016-01-28 15:12 | ぬの | Comments(0)
2015年 09月 10日
さぶめっこ
c0090543_09323575.jpg

サブメッコってなに?

先日この企画展が神戸で開催されると知った
関わっておられるのが
その人柄、センス共に大好きなひとと知り
これは絶対見てみたいと思っていた
最終日にようやく滑り込めた

北海道にお住まいのskylark kakakoさんが作られる大漁旗を使った洋服やバッグは
とても楽しい


カラフルで大柄の大漁旗切り取る場所で印象がガラリと変わる
マリメッコのようだというところから
サブメッコと名付けられたみたい

あれこれ迷って
マイファーストサブメッコはシンプルはポーチ


[PR]

by gonnosuke117 | 2015-09-10 09:19 | ぬの | Comments(0)
2015年 09月 03日
なぜここに
c0090543_11350545.jpg


たまたま入った無印良品のレジ横で見つけた小さなハンカチはミナペルホネンの皆川さんのイラストを刺繍したもの

25センチというありそうでないサイズ
可愛くて使いやすそうなので買ってみる


あとで知ったことだが、これは無印良品の製品を作る過程で生じたハギレやキズのあったものにデザインのちからであらたな価値を付加し蘇らせたというもののようだ
今年6月に期間限定、数量限定、店舗も限定で販売されたらしい
それがなぜ今頃、すぐ近くの店舗にあったのだろうね

能書きや希少性を買い物の主たる動機にするのはやめようと思ってはいるけれど
このラッキーな出来事はやはり嬉しかったりするのである





[PR]

by gonnosuke117 | 2015-09-03 10:49 | もの | Comments(0)
2015年 08月 31日
たびのきねん
c0090543_19260354.jpg

仁寺洞の民藝舎廊(ミネサラン)は選び抜かれたアンティークのお店

時代を経たものたちはとても素敵で
眺めていると時間を忘れそうだ

オーナーのお嬢さんは日本への留学経験もあり堪能な日本語で対応してくださるので安心だ


少しだけ今のものもあって
c0090543_17440399.jpg

コースターくらいの小さなチョガッポは古い絹を使って丁寧に縫われたもの

じっくり一枚を選ぶ
無いときもあるそうだが今回は数枚あって良かった
それぞれ可愛くて悩む

でも、どれだけ迷っても一枚だけ

一枚ずつ増えていく旅の記念はこれで3枚目









[PR]

by gonnosuke117 | 2015-08-31 19:22 | ぬの | Comments(0)
2014年 09月 18日
めがねまわりのもの
c0090543_15153749.jpg

なかなか具合の良いメガネ拭きに出会えなかった
たまたま松江で入った雑貨屋さんで見つけたのはリバティプリントのメガネ拭き
リバティの布とメガネ拭きが縫い合わせてある
プリントの柄に惹かれたのだけれど
機能的にもよくできており
レンズがすっきりクリアになるしメガネケースにも綺麗に収まる

良いものを見つけるとすぐひとにあげたくなる性分で、余分に買っておかなかったことをかなり後悔している

メガネケースは元町のpoupetteさんで見つけたオランダのがま口
少し古いものだそうだがとても気に入っている
poupetteさんは今週末で実店舗を一旦閉められる
とてもさみしいのだ
[PR]

by gonnosuke117 | 2014-09-18 14:58 | すき | Comments(0)
2014年 08月 15日
あんていざい
c0090543_9341040.jpg


縫い物がしたいと思う
洋服も小物もあれもこれも作りたいものは次々と浮かぶのに、材料のほとんどは揃っているのに、取り掛かるだけの気持ちのゆとりが持てないこの頃

こういうときには布巾を縫う
アイロンも何も使わない
爪で縫い代を折る
あとはチクチクと縫うだけ
ときどき気まぐれにナンバーテープや端切れをあしらう
それでも ものの20分もあれば出来上がる

この時間が私には大事
針を動かしている間に
気持ちが鎮まったり
また頑張ろうって思えたり


ソウルで買ってきた晒は幅広でお弁当風呂敷にもなるサイズ
水をくぐる度にふかふかになる
一巻き抱えて帰ってきた
使い切るにはあと何枚布巾が縫えるだろう
縫うそばからお使いものを包んだりして差し上げてしまうので手元には残らない
けど、いいのだ
必要なのは縫う作業そのものなのだから
[PR]

by gonnosuke117 | 2014-08-15 09:14 | ぬの | Comments(0)
2014年 07月 28日
ただいまおためしちゅう
時間調整に入った書店で手ぬぐい洗顔に関する本を何冊か見つけた

どうも手ぬぐいはスキンケアにもお役立ちらしい

c0090543_217917.jpg


ていうことは晒しでもいいのでは?
我が家にはちょうど買い置きの晒しがある

洗顔用にはほぼ正方形に
身体用にはタオルより少し長い目にカットした

件の本はザザッと見ただけなので
やり方は我流である

晒しを濡らし軽く水気を絞ったら固形石鹸を使い丁寧に泡立てる
これが想像以上に泡立ちが良い

撫でるようにそっと手ぬぐいを動かして洗顔する

これまでは泡立てネットを使って泡を作り手で洗顔していたが
それよりも汚れが良く落ち
すすぎも早い気がする

晒しそのものにピーリング効果があるようなのでソフトにソフトに洗うこと
初回はついついこすり過ぎて肌を傷めてしまった
もう少し使い込んでしなやかになれば具合が良くなるだろうか
顔用には晒しよりもう少し目の細かい手ぬぐいの方がいいかもしれない
身体はもう少しラフに洗っても大丈夫そうだ


晒しならば乾燥も早い
くたびれてきたら雑巾にして使い切れる


さて、肌の調子はどうなるか
じっくり観察しながら続けてみる
[PR]

by gonnosuke117 | 2014-07-28 21:51 | くらし | Comments(2)
2014年 02月 17日
はじめてきるひ
c0090543_11572443.jpg


母から譲り受けたシルクのワンピース
もうかなり前のもの

母が縫ったのか
それとも叔母なのか
それすら定かではない

無地がほとんどの私の洋服の中ではかなり異色
好きだったのにこれまではなんとなく袖を通せずにいた

近いうちに迎える少しばかり改まった席にこれを着ると言ったら
母はとても嬉しそうだった
[PR]

by gonnosuke117 | 2014-02-17 11:46 | くらし | Comments(0)
2014年 02月 09日
ちくちくのみりょく
c0090543_10333668.jpg

気がつけば一ヶ月以上もブログ放置してた‥

雪に振り回された仕事の帰り道
元町のアレスさんに
7日から始まっている湯町窯の企画展を覗きに寄り道した

岩井窯のうつわたちはどれも落ち着いた優しさに溢れている気がする
そのよこにさりげなくあしらわれていたコースター
ちょうど在廊されていたじゅんこさんの手によるものだそう

同じものは何ひとつない
ちらりと拝見したノートにはデザインのメモがずらりと

端の始末まで全て手縫いだそうだ
細やかに気配りされた作りながら
手縫いならではのわずかの不揃いな針目がなんとも愛らしい

ミシンもいいのだけどね
やっぱり私も手縫い派だな
[PR]

by gonnosuke117 | 2014-02-09 10:20 | すき | Comments(0)
2013年 12月 17日
ちいさくてあいらしいもの
c0090543_952823.jpg

たまたま入った雑貨屋さんでみつけた

白いほうはドイツ
生成りのはオランダだったか
どちらも古いものだそう
[PR]

by gonnosuke117 | 2013-12-17 09:47 | すき | Comments(0)