人気ブログランキング |
2010年 01月 14日
ここでやめておこうね
c0090543_13191651.jpg

昨年暮れ たまたま入ったアンティークショップで見つけたのは
マルチーズレース
1900年頃マルタ島で作られていたシルクのレースである

マルチーズレースには必ず入れないといけないという模様がきちんと入っといる
広げるとほぼ円形になる替え襟は本当に細かなつくりである

細かい作業を明かりが十分でない部屋で行ったため最後は視力を失ってしまったとか
替え襟一枚がメイドの給金五十年分で
使う側はそれを何枚も持ってお嫁入りしたとか

マルチーズレースにまつわる歴史をひもとこうとするとその美しさに浸ってばかりではいけないのかもしれないが

それでもやっぱり美しい
完成度の高さにため息が出てしまう

時代を経て残ったものの魅力というものは素晴らしいものだ

アンティークレースの世界も奥深いものがあり
一歩足を踏み入れたらえらいことになりそうなので
私はこの一枚でおしまいにしておく

たとえ最近徒歩圏内にオープンしたアンティークショップのセレクトが良くても
そのお店のオーナーさんがとっても感じのいい子で
お値段もとっても良心的でも
この一枚でおしまい
…のつもり…

by gonnosuke117 | 2010-01-14 13:19 | もの | Comments(4)
Commented by kakke at 2010-01-17 11:02 x
徒歩圏内ですか!
ぜひお店おしえてください^^
Commented by gonnosuke117 at 2010-01-17 11:36
>kakkeさん
阪急六甲から少し降りたところにあるTSUBAKIというお店です。
昨年末に六甲に移転してこられたようです。

オーナーさんがとってもいい方です。
このレースもほぼ完品で額装もしてあるのにビックリするようなお値段でした。
小さなお店ですが、ぎっしり色んなものが詰まっています。
お出かけください。
http://www.geocities.jp/larmoiredetsubaki/info/info.htm
Commented by TSUBAKiまいこ at 2010-09-14 17:21 x
ありがとうございます!

すごくうれしいいいい。

またゆっくり寄ってください!
Commented by gonnosuke117 at 2010-09-14 21:16
> TSUBAKiまいこ さん
時代を経たものってどうしてあんなに魅力的なのでしょう。
私は日常に使われてきたものに魅力を感じます。

お店に行くと時間が経つのを忘れてしまいます。また伺わせて下さいね。


<< おむかえにいってきた      スェーコギダシダは牛肉風味のだしだ >>