2007年 09月 02日
いただいてもいいですか?
テレビっ子である
用が無くても見てしまう

一方活字も好き
目的もなく読むというか 読むために読むといったのが好き

近所の本屋さんのカウンターに「ご自由にお取りください」と置いてあった冊子
以前のこういうたぐいのものは表紙も地味でどこか堅くて文学好きの人向けのイメージがあったがこれらはなんだか違う

お洒落な表紙
本当に無料なのだろうか
本を買ってお金を払うときに確認してみる
「これいただいてもいいですか?」
「ええ、どうぞ」

帰宅して早速パラパラ
なかなか面白そう
でもじっくり読むのは後で
電車で移動するときや空き時間が出そうなときにバッグに放り込んで出かけるのだ

エッセイに連載小説
色んな人の文章が載っているのでワンプレートランチを食べているような楽しさがある
電車の中で吹き出してしまったのが
「本が好き!」のテーマエッセイ 私が遭遇した「ちょっと変な人」
ちょっとどころではない”変な人”が4人の書き手によって登場する
”変”の視点がそれぞれ違って面白かった

よく見てみるとそれぞれ定期購読も出来るようだ
光文社の「本が好き!」は年間購読(12冊)で1000円(税送料込み)
ポプラ社の「asta」は年間12冊で2000円

これはなかなかお値打ちか
c0090543_17562988.jpg

[PR]

by gonnosuke117 | 2007-09-02 17:58 | すき | Comments(4)
Commented by fumiko1177 at 2007-09-03 20:21
お目目が悪くなるから ゆっくりお家で読んでね!!!
でも 安いね  
Commented by win-twins at 2007-09-03 21:30
長いこと大きな書店に行かないです
田舎住まいだと まず車ですので
大都会には 無料のマンガ本などもあるそうですね
すごいですねぇ
どこで利益をとっているのでしょうか
ほしい本なども 最近はネットで購入ですものね 立ち読みのための足の筋肉も衰えてしまいました
Commented by gonnosuke117 at 2007-09-03 21:41
>fumikoさん
乗り物の中で読むのは目に良くないのは分かってはいるのですがついついね。気をつけます。
Commented by gonnosuke117 at 2007-09-03 21:49
> win-twinsさん
郊外のショッピングセンターなどに広い書店が出来ていますね。野菜を買いに行ったはずなのに書店にも寄ってしまいます。

私もネットで本を買う機会が増えました。けれども実際に手にとって見ることの出来る本屋さんは私にとっては娯楽の場でもあります。
けれども確かに立ち読みはきつくなってきました。
椅子を置いている書店も増えていますが空いていることはめったにありません。立ち読みの辛さはみなさん同じなのでしょうかね。


<< たまごをぽとり      コストコで料理を教わる >>