<   2010年 10月 ( 39 )   > この月の画像一覧

2010年 10月 23日
甲山へ
広田神社から甲山を目指す

途中お好み焼き屋さんでお昼ご飯
その名もメリケンコさん
ご近所さんが次々やってくる街のお好み焼きやさんだ
ボリュームも満足である

さあここらあたりから登りが続く
料理旅館として私も名前だけは知っている「はり半」
跡地はマンションが建つようで
塀に囲まれた中にわずかに残った竹藪や小さな川を複雑な思いで眺める

ひたすら登る

甲山森林公園辺りから山の中の散策道へ
行き交う人はほとんど無く
鳥の声だけが聞こえる

c0090543_1115456.jpg


神呪寺(かんのうじ)の脇からがいよいよ甲山への登山道である
階段の多そうなショートカットのルートを避けたつもりが
もう一つのルートも後半は階段が多く
休み休み登る

甲山頂上は芝生の広場だ
ベンチに腰掛けてちょっと一息

インドア派の私が山に登るなんて
ついこの前まで思っていなかった
夫が登り始めたことと
ついご近所に良きアドバイザーのお店が出来たこと
このふたつどちらが欠けていても
頂上で風に吹かれているこの心地よさは味わえなかったろう

さあこの次はどの山へ
[PR]

by gonnosuke117 | 2010-10-23 23:51 | でかける | Comments(4)
2010年 10月 23日
ひろたのいち
いいお天気だ
靴の紐をしっかり締めて出かけよう

西宮北口から広田神社を目指す
道を探しながらのんびり歩くこと約30分

広田神社の参道はたくさんの人で賑わっている
今日は「ひろたのいち」の日なのだ

c0090543_10383414.jpg


ここに来たのは会いたい方がお二人参加されていたから

参道半ばでyukaさん発見
思わず後ろから肩をトントンしてしまった
(びっくりさせただろうな ごめんなさい)

yukaさんのワイヤー小物はシンプルなんだけどとっても可愛い

c0090543_9593382.jpg


osoraのsorakoさんは参道を入ったところに
お店の穏やかな照明の下で見るのと
お日さまの下で見るのと
osoraの雑貨達はいつもと違う顔をしているよう
益子焼きの飯椀は夫のために

c0090543_9593348.jpg


掘り出し物のブラシを買って
c0090543_9593331.jpg


ひろたのいちはおしまい
さあこれから甲山へハイキング

つづく…
[PR]

by gonnosuke117 | 2010-10-23 20:59 | でかける | Comments(6)
2010年 10月 22日
ソウルで買ったもの②
帰国して気がついた
今回は買い物少ない
お土産もほとんど買っていない

娘に頼まれた買い物のついでに見つけたものが少しだけ

c0090543_10425149.jpg


サンファ茶は漢方茶
芍薬や桂皮 葛などが入っているよう
スーパーでお茶を探しているときに(娘のリクエストの一つがお茶だった)
ガイドさんらしき人が日本人観光客に
「これおすすめです。私は風邪の引き始めにこれを飲みます」
と話しているのを小耳に挟んだので買ってみた

c0090543_10425140.jpg


お湯を注ぐだけで出来上がり
葛根湯のような匂いが部屋中に…w

こりゃ失敗?と思いつつ飲んでみる
これが意外に美味しいのだ
もう少し甘みが少なくてもいいけど
浮かんだアーモンドがアクセントになる

体が温まって
いかにも効きそう
[PR]

by gonnosuke117 | 2010-10-22 10:42 | くらし | Comments(2)
2010年 10月 21日
ソウルで買ったもの①
c0090543_13134090.jpg

独立門近くの市場は
観光客もほとんど来ない
地元の人が日々買い物に利用する
みなさんそれぞれ馴染みのお店があるようで
楽しそうにおしゃべりしている
日本のスーパーではご法度の犬たちもここでは一緒にお買い物

ぷらぷら覗きながらお目当てのお店をさがす

天然海苔を手焼きしているお店のアジュマは満面の笑みで迎えてくれた

使い込まれた鉄板がある
焼いているところが見られなかったのは残念だが
香ばしい香りが残っている
日本人とわかるや
嬉しそうにアジュマが棚の下から
油のついたくしゃくしゃの紙を取り出し見せてくれた
彼女が掲載された日本の雑誌のコピーである
日本人が来るたびに見せていたのかな
もうすでにボロボロで原型もない

「私も同じのを見て来たよ」とコピーを見せたらとてもうれしそうだった
置いてきてあげればよかったね

さて、
拙い韓国語をあやつり
なんとか購入した件の海苔は
油っぽくなく
ほどほどの塩加減で
海苔の風味が活きており
少ししか買わなかったのを後悔している
[PR]

by gonnosuke117 | 2010-10-21 13:13 | Comments(0)
2010年 10月 20日
思いを届けよう
きなりさんのブログでその存在を知った

●市長への手紙
 http://www.city.kobe.lg.jp/information/mayor/letter/index.htm

摩耶ビューラインが存続の危機に見舞われている
確かに経営面だけ見ればマイナスなのかも知れない
けれども
摩耶山への観光、行楽に訪れる人のみでなく
地元の人にとっては摩耶山と天上寺とへ向かう重要な足なのである

存続に向け私たちで出来ることはないのか
残して欲しいという以上ビューラインの利用者増への協力は惜しまないつもりだ

そんな思いを伝えたい


摩耶ビューラインを好きなみなさん
ぜひそれぞれの思いを市長に届けて下さい
[PR]

by gonnosuke117 | 2010-10-20 12:24 | すき | Comments(2)
2010年 10月 19日
さすがの
c0090543_219567.jpg

c0090543_2195638.jpg

今回の旅は一週間前に決めた

バタバタと決めた理由のひとつが
新羅ホテルに泊まれるということだった

この機会を逃すとこんな格式の高い所に泊まれることはなかろう

部屋は19階

スタッフしかり
部屋の佇まいしかり
行き届いたサービスはさすがスーパーデラックスクラスだ

同じフロアにラウンジがあり
朝食はこちらでビュッフェ形式
夜はお酒も飲めるとか
(無料)

スタッフが常駐しており
チェックアウトもこのフロアでできる

シンデレラ気分の二泊だった


ちなみにアメニティは
かのロクシタンである


宝くじ当たったらまた泊まれるかなあ
[PR]

by gonnosuke117 | 2010-10-19 21:09 | Comments(4)
2010年 10月 19日
江南で乾杯
c0090543_11174049.jpg

c0090543_1117408.jpg

c0090543_11174041.jpg

三日目の夜は友人が行きたいと行っていたお店へ
江南はハイソなイメージがあり今まで行ったことがない

でもこちらはあまり気を張らなくても良さそう
(残念ながらお店の名前は覚えていない)
友人は焼酎に挑戦するも
だめだったので
途中でワインに切り替える
もやしのナムルがおいしいこと
キャベツのキムチはあっさりめ
天然カキのジョンも素晴らしい味だ
友人が食べたい食べたいと言っていたチキンもしっかり味わう

クローズの時間までゆっくり食べて
たくさん話して

ちょっぴり贅沢したソウル最後の夜
[PR]

by gonnosuke117 | 2010-10-19 11:17 | Comments(2)
2010年 10月 18日
本日単独行動
c0090543_19345723.jpg

ソウル三日目

ホテルは朝ごはんつき
ビュッフェ形式でヨーロピアンスタイルの食事

優雅にいただく
(似合わない……(´Д`))
さあここからは
一人で外出

まずは地下鉄で
明洞のトースト屋さんへ
アジュマは私の顔を覚えてくれていた
屋台の後ろ側
アジュマのすぐそばの椅子に座らせコーヒーを出してくれる
朝ごはんを済ませてしまったので
お昼ご飯用にキムパップを買う
ささやかなお土産のお菓子をたいそう喜んでくれた

頼まれた化粧品を一つ買ったら次の目的地独立門へ

地下鉄を乗り過ごし行ったり来たり
まあこれも旅の楽しさのうち

独立門そばの市場は
地元の人で賑わっている
観光客らしいのは私くらい
お目当てのクァベギ(ドーナツ)屋さんは移転していて見つからず
けど天然海苔を手焼きするお店はしっかり見つけた

アジュマに韓国語が上手と誉められいい気になる

あちらのお店こちらのお店とぷらぷら覗きながら歩く
一日いても飽きないかも

気がつけば西大門駅到着

娘の頼まれものを探しに光化門の書店へ
しかし見つからず
別の書店へ足をのばすも無い

しばらく仁寺洞をぷらぷらして

今度はソウル駅そばのスーパーで
これまた頼まれ物の食品やらをどっさり買い込み

両手いっぱいの荷物をぶら下げホテルに戻る
地下鉄では席を譲られるほどの、いかにもの買い出しおばさんスタイル
どう見ても新羅ホテルとは違和感あり
こそこそとエレベーターに乗り込んだのだった
[PR]

by gonnosuke117 | 2010-10-18 19:34 | Comments(0)
2010年 10月 18日
マッコリを飲みながらソウルの夜はふける
c0090543_1911078.jpg

c0090543_191103.jpg

ドライブから引き続きホテルまで送ってくださるとのご厚意に甘える

夕方五時半すぎ
ホテル到着
今回はなんと
あの
新羅ホテルご宿泊である

先についていた友人がロビーまで迎えに来てくれた

いったん荷物を置いたら
晩御飯の相談

二人ともお酒は嫌いではない
ということで
マッコリ専門の居酒屋へ

細い路地を入り
どこかのお店の厨房かと思ったところが
それだった

当然マッコリを注文
出てきたのがこれ
これで小サイズだと…
友人は最初に少しだけビールを

温かい巨大豆腐は
少しタレをつけただけでおいしい

チヂミも頼んで

キンキンに冷えたマッコリは
炭酸ガスがいい具合に舌を刺激する
ついつい飲み過ぎそうになるが
それでも小を二人でシェアしてちょうどいいくらい
旅先だしね
あんまり飲んではいけない
お勘定は31000ウォンなり
一人千円ちょっと

ここまた行きたい
[PR]

by gonnosuke117 | 2010-10-18 19:11 | Comments(0)
2010年 10月 18日
大渋滞
c0090543_18545644.jpg

この画像だけでわかるひとにはわかる


冬ソナのロケ地である
だから来たわけではない
泊めてくださった家のオモニがおすすめの場所なのだ

二日目にドライブで出かけたのはソウル中心部から約一時間
ダムで出来たという島ナミソンである
行楽シーズンの日曜日とあって駐車場も満杯
船着き場も行列だ

渡し舟で約5分
島といってもかなり広い
ちょうどイベントも開かれていたようで
どこに行っても人人人…
それでも木々に囲まれてのんびり歩く一日はとても気持ちがいい

お昼前について島を出たのは3時まえ
それなのにまだまだたくさんの車が来ていて近くの道は大渋滞だ

もう夕方なのに
これから行ってどうするんだろう
…なんていうのはおばさんの余計なお世話だね
[PR]

by gonnosuke117 | 2010-10-18 18:54 | Comments(0)